« 2004年4月 | トップページ | 2004年6月 »

2004年5月

2004.05.16

千鳥ケ淵と靖国神社

昨日、東京市ヶ谷への出張の途中で時間を作って、千鳥ケ淵の戦没者墓苑と靖国神社に
行ってきました。市ヶ谷は年3回の定例会議で出張しているのですが、こんなに
近い所だとは気付いていませんでした。
千鳥ケ淵は、あっけないほど簡素な施設で、お昼時だったので弁当を持って昼休みを
過ごしている人が数名、子どもを遊ばせにきている人が数名、閑散としています。
知名度に加え、大戦中に海外でなくなった軍人、民間人の身元不明者の遺骨を
収めた施設ということで、関係者が少ないということももあるのかもしれません。
代表者の遺骨を収めた、戦地の石を焼き固めた骨壷は、あまりに簡素で
ここに収められた人達の、非運を示しているようにも見えます。
一方、靖国神社は、平日の昼間にしては、結構多いと言える数の人が訪れていました。
観光バスの駐車場もあり、参拝者以外に観光として訪れる人も多いのでしょう。
参拝殿の横には、陸軍中尉の遺書が掲示してあり、心を動かされるものがあります。
しかし、境内のいろいろな造作物は、いずれも軍国主義がテーマであり、
戦前に戻ったかのようです。遺品や武器の展示館である「遊就館」の中は、
もっと鮮明なものだと、先日の天声人語に書かれていました。

戦没者を思う二つの施設は、対照的なものと考えていましたが、訪れて見ての感想は、
ちがったものでした。二つの施設の差は些細な話で、もっと重要なことは
「政府にとっては、一般人はどうでもよいのだな」という点です。
千鳥ケ淵には海外の民間人も収めているとのことですが、基本的には、
一般国民のための施設ではありません。空襲や沖縄戦でなくなった
人達のための施設ではないのです。空襲の火の中を逃げ延びた両親から
生まれた私には、もしかするとその火のなかに消えていたかも知れないことを思うと
政府の考えには絶望的なものを感じます。国民主権の言葉が虚しくなります。

そう感じてしまった私は、素直にお参りできずに帰ってきたのでした。

2004.05.12

菅代表辞任

年金未払い問題で民主党の菅代表が辞任しました。これも、
「今の制度はおかしい。税金にして確実に取るべきだ」という世論を作るための
茶番のような気もしてきます。
世の中の方向は「選択肢から選ぶ」ですが、選ばせるわけにはいかないもの、
つまり公益性のために、個人の自由を規制せざるを得ないものは
税金として集めるという方向に集約していくべきものだと考えます。
「税金にします」といえば、マスコミは批判するだろうし、表面的には
反対が強いでしょうが、浮動票と言われる人達の気分としては
こうするしかないねということで、歓迎されるのだと思うのですが、
言い出す勇気がないから、小細工をして世論を作っているのだと、
私は考えています。いい加減に、国民を信用してほしいですね。

2004.05.11

Winnyの開発者逮捕

Winnyの開発者が逮捕されたようです。使用者ではない開発者を逮捕したからには
著作権法違反幇助を立証できる証拠があるのでしょうが、ピストルを作った人を
逮捕するようなものだから、裁判で勝つのは相当難しそうです。
本当は、一罰百戎を狙っているのか、新しい法律を作るための世論作りが
目的のような気もします。最近は、世論作りを思わせる行政の動きが
多くなったような感じがしているのは考えすぎかな?

2004.05.10

ひざが痛い

連休中に自転車でいろいろ出かけたら、ひざが痛くなってしまいました。
今日、整形外科で診てもらうと、「負荷のかけすぎですね」とのことで
1、2週間は負荷をかけないようにとの指示で、湿布と痛み止めの
飲み薬がでました。今シーズン、タイヤを細くしてから、走りが軽くなったので
無闇に走っていたのが、悪かったようです。
もともと運動嫌いで運動不足だったのに加えて、無理のできない歳になったと
いうことなのかな?

2004.05.09

やっと完全復旧

やっと完全に復旧できました。今回はついでに、印刷の設定もできて一歩前進です。
これまでは、印刷はWindwosでという変な状態でした。とりあえずは直接接続した
bj10vでの印刷までを設定しましたが、そのうちNetwork上のWin2000の
カラープリンタに出せるように設定する予定です。でも、いつになるかな?

« 2004年4月 | トップページ | 2004年6月 »