« 2005年9月 | トップページ | 2005年12月 »

2005年11月

2005.11.20

おろしそばの自然史

昨日、今日と続けて、足羽山の自然史博物館での特別展
「おろしそばの自然史」を見てきました。

一番の発見は、ソバの花です。花にはめしべの長いものと短いものがあり、
めしべの長さが異なる花の花粉との組み合わせでないと、実を結ばない
ようになっていて、遺伝子の多様性を維持しやすいようになっています。
もともとが荒れ地に育つ植物であってなお、遺伝子の多様性を求める
姿にたくましさを感じした。
もっと楽に育つ生き物も多いのになぜだろうとも思いますが、
雪深いこの地に住んでいる人たちの選択も、同じようなものなのかも
しれません。

展示を見た後は、尾根づたいの道を散歩しました。紅葉が見頃と
言いたいところですが、常緑樹が多くあまり美しくはありません。
それでも、「あきのゆうひに、てるやまもみじ」の風情はちょっぴり
でていました。
051120_1513.jpg

2005.11.17

carbon-emacs

iBookでの文章作成はテキストエディットでやっていたのですが
ことえりからの入力時に、カーソル以下の文章が揺れる現象が起きて
その解決方法が判りません。おそらくはFAQなのでしょうが、
テキストエディットに時間をかけるよりは、最初の目的どおりに
carbon-emacsを使うことで解決できないかに挑戦してみました。

インストールは開発元のサイトからダウンロードして、アイコンを
アプリケーションのフォルダにコピーするだけです。
日本語環境も調整されていて、今この文章を書いています。
ちょっとフォントがちょっと小さめなことと、C-hのキーバインドが
オリジナルに忠実にヘルプになってしまっていること以外は、
非常に快適です。ことえりからの入力もスムーズで、この点では
「Switch成功」の気分です。後はFreeBSDで使っていた.emacsを
こちらに移して、細かい設定を作って行きたいと思います。

もう一つ、範囲指定をC-SpaceでやろうとするとSpotlightが
起動してしまい、またshift+カーソルではできないようです。
やっぱりトラックパッドを使えということなのかな?

2005.11.13

朝倉氏遺跡とサワガニ

今日は、子供達と一緒に朝倉氏遺跡に行ってきました。
戦国時代初期の城下町の遺跡を再現した公園のような所です。
昨日に引き続いてよいお天気で、北陸では今年最後かなという感じの
暖かな一日でした。

子供たちの目当ては、虫探し、特にカマキリです。
もうずいぶん寒くなってきたので、いないだろうと思っていたのですが、
日のあたる土塀には、コカマキリやカメムシ、ナミテントウなど、
意外にたくさんの虫たちがいました。

ところが、いろいろ捕まえての帰り道、下の子が小川をみて
「サワガニが居そう」と言って探しに下りると、「サワガニ!」と、
あっという間に何匹も捕まえてしまい、おまけに片足が水に
はまってしまう騒ぎです。
夏に別の場所で捕まえたサワガニが最近死んでしまったばかりだったので
大喜びで、虫は全部逃がしてサワガニを2匹持ち帰りました。

この場所は、昨年の豪雨で本流の堤防が崩れたりして、大変だった所で、
もっと上流から流されてきたのかもしれません。でも、今年生まれたような
子ガニもいて、自然の回復力は大したもんだと関心させられました。

051113_1326.jpg

2005.11.12

Macの使用感

1週間ほど使っての使用感です。一言でいえば「ゆったり」です。
FreeBSDでは、Web以外はほとんどキーボード操作でしたが、
OSXでは、ショートカットを覚えきっていないので、トラックパッド中心の
操作になり、なかなか「サクサク」とは行きません。が、なぜか
「それでもいいか」という感じで、FreeBSDで感じていたコンピュータに
せかされているような感覚は全くありません。Macへの要求レベルが
低いということかもしれませんが、目的ではなく手段として
使って行けそうな印象です。

それより気になるのは文字の小ささです。1024X768のままで15インチから
12.1インチになったので文字の大きさは80%。さらに、ブラウザの
ブックマークなどでフォントサイズを変更できない部分もあって、
老眼が始まった目には、ちょっと厳しい感じです。
目が疲れた日には、「失敗したかも?」とも思ったのですが、
やりすぎなければ、今のところ、なんとか大丈夫という感じです。

でも、買う前に心配していたアンチエイリアスには全く違和感はなく、
Macのフォントは美しいという主張も納得できています。
こういうところは、使ってみないと判らないのですね。

ところで、前の投稿にblog開始以来初めてコメントとトラックバックが
付きました。日記として始めたblogなもので、どう対応したら良いかが
よく判っていません。リンク先は、Mac関連の通販会社のようでもあり、
模様ながめの状態です。ちょっと勉強しなければ。

2005.11.04

iBookを買った

最初のMac以来ずっと欲しかった、Macを買いました。これまで割高感があって
どうしても買えなかったのですが、OSXになってUNIXになったこと、
最近、価格がぐんと下がったことから決心しました。
それから、iTunesとネイティブemacsが使える環境という点も、
FreeBSDから、スイッチしてみたくなった理由です。

最初のMacが出た時は大学4年、その後も安月給でとても手が出ませんでした。
それでもApple製品を使ってみたくて”Apple II c”を買って、"Wizardry"をやったものでした。
今回、iBookを買ったのは、色、形からしてその現代版だと思ってます。

2chでは、「使い勝手はWindowsと同等か少し良い程度」というような評価のようですが、
使い始めて2時間ほどの現時点では、判らないことだらけで評価以前です。
ただ、この記事を書いている、OS付属のテキストエディットというエディタの
カーソル移動のキーバインドがemacs風になっていて、ちょっとうれしかったりします。
好奇心の塊である僕には、これからの付き合いが楽しみです。

« 2005年9月 | トップページ | 2005年12月 »