« 2006年10月 | トップページ | 2006年12月 »

2006年11月

2006.11.11

その後のユキ

1ヵ月半が過ぎた。
ユキの回復は順調で、ヘビにかまれた傷もかさぶたがなくなり
目立たなくなった。周囲の毛が抜けたままだが、そのうち
生えそろってくるだろう。

弱っていた時には、過去のすべての記憶をなくしたかと
思っていたが、最近ではほとんど全ての芸を思い出したようだ。
また以前のやり取りができることは本当にうれしい。

ただ、散歩に出た時については、まだ勝手が思い出せないようで
以前のなわばりマーキングはしないし、排泄の様子も
不安定だ。でも、これもきっとそのうち思い出してくれるだろう。

一度はあきらめた命だったが、薬の助けを借りたものの
ほとんど自力で立ち直ってしまった回復力には感動する。
この力を分けてもらって、自分の復活につなげたいものだ。Photo

2006.11.04

高浜原発

「3連休なのでどこかに行こう」とあてもなく家族で出かけた。
北から引っ越してきたので、南。単純に南を目指した。
途中、下の子の「福井の一番端の海まで行きたい」の提案に乗って
若狭の西の端へ向かった。

着いたところは高浜町。海といえば高浜原発の周りの海だった。
国道27号線から海側に折れて小さな峠を越えると
高浜原発が見える。さらにその先まで行くと小さな漁村があった。

この集落からは原発の前を通らないと、他の場所には行けない。
もしも事故があっても、逃げることができない。
こんな場所に人が住んでいることに驚いた。

事故がないことを前提にしたシステムは
全く安全ではない。
Photo_1

« 2006年10月 | トップページ | 2006年12月 »