« 2008年3月 | トップページ | 2008年5月 »

2008年4月

2008.04.30

ワニガメ100年

NHK日曜夕方に「ダーウィンが来た」という
動物番組がある。この後、TBSでどうぶつ奇想天外があって
その裏が大河ドラマという、微妙なポジションの番組だ。

でも、結構おもしろい。タレントのドタバタがないので
30分番組でも、結構内容がある(寒いジョークが必ず入るが...)。

前回は、ワニガメの話。
ワニガメは舌をミミズに見せかけて、間違って近寄ってきた
魚にかみついて捕まえることを紹介していた。
感動したのは、それを一生、100年続けるということ。
口を開けて、目を動かして魚の様子を見ながら
すきをうかがう。それを一生続ける。100年生きるは
言い過ぎかもしれないが、ずっと続けているのだ。

生きる意味とか、生き甲斐とか、そういうものを
追い求める人間は、とんでもなくつまらないやつなのかも
しれないと、ふと思った。

2008.04.20

今週も不調

今週も不調。土日はとにかく休んだ。
日曜の3時過ぎから少し楽になってきて
ユキの散歩に出かけたり、Webを見たり
いつもの週末並にはなんとか戻ったようだ。

まあ、この谷も今週一杯で、来週からの
連休には復活して、楽しい休みにしたいもんだ。
ただ、そうなったらがんばり過ぎて
連休明けの調子が心配になったりもする。
なるようにしかならないのだけど。

2008.04.13

小さい谷が来てる

先週の中頃から、調子の谷が来ている。
木曜は休んでしまった。

脳の栄養不足という感じで、
明日は行けると思うが、火曜は怪しいかな。

2008.04.11

押し係

朝の電車で、押し係が登場

2008.04.06

奥琵琶湖

いいお天気で、家の近所も桜が咲きそろいつつある。

家族でどこかへ行こうということになった。
本当は子供達二人とも、もう2、3日で確認テストなのだが、
あんまり締め付けるのもどうかというのが最近の反省なので
連れて行くことにした。

三方五湖か加賀中央公園かと決まりかけたのだけれど、
せっかくいくならみんなにとって新しい所がいいなと思って、
奥琵琶湖に行こうと提案した。

高速を降りても渋滞がなく、桜の季節にしては??と
感じていたら、桜が全然咲いていない。
気の早い木が何本か、それもちらちらと咲き始めた程度で
来週が見頃という感じ。渋滞してないのももっともだった。
奥琵琶湖は都市から離れているし、雪解け水で
水温、気温も低いのだろう。

奥琵琶湖パークウェイは、バイクやサイドカー、オープンカー、
ロータスエリートなど走りたい人たちで一杯で
昔のことを思い出したりもした。思えば20年ぶりぐらいだろう。

「咲いてたら素晴らしいだろ」を連発するはめになったが、
明日また会社がある日曜だから、
渋滞がなくてこの方が、よかったのかもしれない。

満開の桜のトンネルはこの次のお楽しみだ。

« 2008年3月 | トップページ | 2008年5月 »