« ブルースクリーン | トップページ | PC更新自作の構想 »

2008.08.29

統合チップの画質

Web上の個人レビューの中にAMD780Gの2D画質はダメでやっぱりIntelだという記述があった。

1件読んだだけなので他を探してみる必要はあるが、3D性能と2D画質とがトレードオフだというのはありそうな話ではある。もしそうならば、使うあてのない3D性能は切捨てて、出回り始めたG45にするのが正解なのかもしれない。2D性能からすればG35でも良いのかもしれないが、せっかくだからG45のHD再生支援機能を保険にしたい気持ちもある。

(追記)Webで調べたらAMD780GのGigabyte製M/BでのD-sub接続でにじみがあるとの情報あり。
元情報と同じ人のような気もする。新モニタを買えば当然DVIでつなぐので問題ないと思うが、いろいろ使い回す可能性を考えると、にじまないほうが良いに決まっている。また発熱が大きいとか時計が狂うなどの情報も見つかった。M/B設計上の問題だろうが、もっといろいろ調べてみる必要がありそう。

« ブルースクリーン | トップページ | PC更新自作の構想 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/22325/44464749

この記事へのトラックバック一覧です: 統合チップの画質:

« ブルースクリーン | トップページ | PC更新自作の構想 »