« Macの解像度非依存UI | トップページ | 72dpi »

2008.10.18

新Macbookを触ってきた

新型があるとは思わずに、Safariの仕様を確認しにヤマダ電機へ。
おもいがけず2.0GHzが置いてあった。

Macbook Airをシャープにしたようなデザイン。隣にあった旧Macbookの2.1GHzよりは明らかに動きがよく、iMac20"2.4GHzと比べても動作はむしろ速く感じる。

文字の大きさはiMacとあまり違わない印象で、これならいけるかもと感じる。もしかするとMacの文字サイズはDPIではなく、実ポイント数で表示されているのかもしれない。

画面もきれい。写り込みは、旧型の反射像をもやっとさせる処理よりは、クリアなガラスのほうが潔く見やすいと感じた。トラックパッドも大きくてマルチタッチには使いやすくなり、ボタンレス(あるいは全面ボタン)は直感的という意味で、Macらしいと感じた。ただ、ドラッグがやりにくい感じがしたのは、何か解決方法があるのだろうか?

全体的に好印象で、"買い"の方にかなり傾いている。

« Macの解像度非依存UI | トップページ | 72dpi »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/22325/42830137

この記事へのトラックバック一覧です: 新Macbookを触ってきた:

« Macの解像度非依存UI | トップページ | 72dpi »