« 資料を読上げる文化 | トップページ | 極右的民族主義者が生まれる? »

2009.01.27

Apple IIc の記事

C-NETに分解の記事が出ていた。2番目に買ったPCがApple IIcだったので非常に懐かしい。

記事中の"すばらしいキータッチ"というのは嘘だが、コンパクトな筐体の格好良さは素敵だった。高機能のMacと同時に発表されたことから、今で言うネットトップの元祖ともいえるかもしれない。当時のMacは高嶺の花であまり興味がなく、Apple IIcにはイメージライターなど、結構お金を使った記憶がある。まだまだおもちゃだった時代だが、ウィザードリーや当時流行った人工無能ソフトなどで遊んだものだ。

この機種以前に買ったPC-8001にはデジタルガジェットとしてのオーラは感じられなかったので、ガジェット好きに火をつけた原点の機種ではないかと思う。

リンク: フォトレポート:分解、「Apple IIc」--フロッピードライブ内蔵のコンパクト機:ニュース - CNET Japan.

« 資料を読上げる文化 | トップページ | 極右的民族主義者が生まれる? »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/22325/43877127

この記事へのトラックバック一覧です: Apple IIc の記事:

« 資料を読上げる文化 | トップページ | 極右的民族主義者が生まれる? »