« 笑点が面白かったなと思ったら | トップページ | ウイルス被害続く »

2009.02.17

Macの再評価(Macbook購入後)

Macbookを買ってみた後と買う前の評価と比較してみた。
ちょっと長いがメモのまま載せる。
結論としては非常に満足。道具としても完成度が高くなったと思う。

・UIがマウス前提だが、メニューバーが上端でマウスの移動量が多い
 ->(購入前)大画面ではメニューが左端に寄るので移動量は多めかも?
 ->(購入後)13"画面では全く問題なし。ただしアプリケーションの
      ウインドウを閉じてもメニューだけ
      残る仕様なので、それに気付かずに戸惑うことがある。

・ウインドウの最大化の挙動がよく分らない
 ->(購入前)??調べる必要あり
 ->(購入後)各アプリケーションが必要と判断した最大の大きさに
      変更されるのだが、どういう基準かがよくわからない。
      でも画面最大化しない文化のようなので
      慣れれば問題ない。

・キーアサインが特殊で、キーボードショートカットの設定に無理がある
 ->(購入前)PC-Unixも同じような問題あり(程度の差)
 ->(購入後)使っているショートカットは以下のみ。commandと
      controlの間違い多い。
      Safariのウインドウ切換えのショートカットがあるとうれしい。
      command+X,C,V(編集)、command+Tab(アプリケーション切換え)
      command+W(ウインドウを閉じる)
      command+N(新しいウインドウ)
      command+Q(アプリケーション終了)

・細かい設定が出来ない(かゆい所に手が届かない)
 ->(購入前)これはあきらめるしかない、PC-Unixならあきらめるだろう
  下手に設定できそうだから調整したくなる
 ->(購入後)現時点で不足は感じない。必要十分な感じ。

・アプリケーションに投資が必要(Officeなど)、また選択肢が少ない
 ->(購入前)PC-Unixはもっとひどい、買えるだけましか?
 ->(購入後)ATOKが使えるのは非常に良い。現時点で不満はない。

・何かをやりたい時に「Macで出来るか」から検討しなければならない
 ->(購入前)PC-Unixでも同じ
 ->(購入後)GPSロガーなど、変わったことをやるときの敷居は高め。
      意外だったのはWindowsとのプリンタ共有がうまくいかない。
      10.5から悪化した模様。プリンタかOSX10.6を買わせるための
      策略か?Guten-printで何か出てくれるのを待っている。
      また市販のプリンタサーバはMac対応を謳っていても
      実際はPostscriptプリンタしかつなげないと判明。
      直結以外のプリンタの対応は問題多い。CUPSを買収した
      影響と思われる。

・オーディオ関連のアダプタの選択肢が少ない
 ->(購入前)PC-Unixでも同じ
 ->(購入後)Macbookのオンボードの音質で十分だった

・NTFSに書き込めない(読める)
 ->(購入前)PC-Unixでも同じ
 ->(購入後)現在の外付けはFAT32なので問題なし。これから
      問題出るかも?

・文字コードが非互換
 ->(購入前)PC-Unixでも同じ
 ->(購入後)Front Raw でMP3ファイルのタグデータが文字化け。
      Safariで時々文字化け。

・新OS/機能の立ち上がりは不安定
 ->(購入前)betaテストは実施しているようだが不十分?
 ->(購入後)異常になったのは1回だけ。

・Unixだがシステムのソースファイルがない
 ->(購入前)アプリケーションのソースはある、見るチャンスも少ない
 ->(購入後)まだUnixとしては使っていない。OSの中に潜り込みたく
      なるようなきっかけがなかった。

・キーボードがイマイチ
 ->(購入前)PC用をUSB接続?Macbookも改善してきたので後は慣れ
 ->(購入後)我慢の限界ぎりぎり。デザインが良くなかったら
      我慢出来なかったと思う。レイアウトはJIS配置なので
      ほぼ問題なし。

・ノートは熱い、アルミ筐体
 ->(購入前)プラスチック筐体品は発熱大だが、アルミなら放熱性が
      良いはずなので期待大。しかし手元が熱くなる心配もある。
 ->(購入後)秋から冬しか使っていないので不明
      冷え切った部屋に帰ってきて使い始めると、左手の手のひら部分に
      露が付く。また、傷が付きやすそうで心配。特にUSBとヘッドホンの
      コネクタ周囲には気を遣う。

・13"は老眼にはつらい
 ->(購入後)フォントの線が太いので文字が読みやすく問題ない。
      また、純正アプリケーションでは"ピンチ"操作で文字サイズが
      大きくできるので不便はない。

・SPACESは便利
 ->(購入前)PC-UnixのWMで非常に便利だった経験あり。
 ->(購入後)未だに使っていないが不自由を感じない。ちょっと使ってみたが
      いらないと感じてやめた。PC-Unixとは違ってトラックパッドの
      4本指ジェスチャがあるので問題ないのかも?

・バックアップと修復(TimeMachine)が容易
 ->(購入前)自動バックアップは便利そう。
 ->(購入後)対応するNASを導入する予定。そろそろバックアップ必要かも?

・UIがきれい
 ->(購入前)慣れには若干不安あり。アンチエイリアスで不鮮明にも見える。
 ->(購入後)慣れると非常に良い。Windowsのフォントは線が細すぎて
      老眼にはつらいと気付いた。

・MobileMeとの連携(将来は安定?)
 ->(購入前)購入前にトライアルしてみたが応答が遅いこと、安定性が悪い
      ことから使えないと判断して解約した。
 ->(購入後)何もしていない。もうしばらく様子を見る。iPhoneを買うことに
      なったら再検討予定。

・BootCampでWindowsも動く、VMWareなどもあり
 ->(購入後)当面使う予定はないが、どうしても必要になったら検討。
 ->(購入後)当面使う予定はない。Mac環境で十分。VMWareを使うなら
      メモリ4GB必要かも。

・ATOK for Mac
 ->(購入後)さすがはATOK。ことえりとは比べものにならない。
      Windowsと同じ時点が使える。でもON/OFFキーアサインの
      変更ができない。変換中の文字色が黒一色など問題あり。

« 笑点が面白かったなと思ったら | トップページ | ウイルス被害続く »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/22325/44096589

この記事へのトラックバック一覧です: Macの再評価(Macbook購入後):

« 笑点が面白かったなと思ったら | トップページ | ウイルス被害続く »