« 安全靴崩壊 | トップページ | 駅の向こうにウグイスとキジ »

2009.04.09

職場PC Windowsのカスタマイズ

職場PCのWindowsをカスタマイズしてみた。
タスクバーを左側に変更してみたら、ウインドウ毎のボタン幅が小さくなったせいで立体表現が大げさに感じたため、ついでに画面をクラシックテーマにしてみる。すると、Windows全体の動作がおかしくなってしまった。最初におかしくなるのはIEでの漢字入力の動作なのでATOKの問題のような気がする。

しょうがないので一旦、テーマは元に戻しATOKをタスクトレイから出した状態から再度試行、変更の度に再起動しておかしくならないかを確認しながら進める。スタートメニューはクラッシックにしても問題なし。次は画面→デザインからクラシックスタイルにしてみた(さっきは画面→テーマからクラシックテーマ)。今度は問題なし。さらにATOKをタスクトレイに入れてみたが問題なさそう。この状態で
しばらく使ってみることにする。

昼休みになってFirefoxを使ってみるとタブ名のフォントが小さくなっている。またエクスプローラでの各ファイル名のフォントも小さくなっている。これはアイコンのフォントを大きくしたら直ったが、元のフォントは10.5だったようで指定可能な11ポイントにすると少し大きすぎる感じがする。でも老眼の目には大きめの方が良い。

こうやって設定を変えてみると、見慣れないせいもあってかWindowsのフォントの細さが気になる。職場のPCをMacに変えたくなってしまった。

一旦、記事を投稿して読み返すと、遊んでるのか?と言われそうだと気付く。今日は職場のサーバーの調子が悪くて、仕事にならなかったのだった。

« 安全靴崩壊 | トップページ | 駅の向こうにウグイスとキジ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/22325/44618343

この記事へのトラックバック一覧です: 職場PC Windowsのカスタマイズ:

« 安全靴崩壊 | トップページ | 駅の向こうにウグイスとキジ »