« レミゼラブル ユゴー(青空文庫) | トップページ | 野鳥の日 »

2009.04.28

携帯端末を考える(何回目だ?笑)

Willcom NSが出たので、もう一回、iPhone、iPod touchを含めていろいろ調べてみた。結論としては当面現状のままで行くことになった。まあ、予想通りの結果だ。

Willcom NSはやはり中途半端。音声端末にもう1台追加契約させたいという意図が見え見えだ。大きめの画面でPC向けのWebサイトを見るためだけに、約3,000円/月の追加費用を払う気にはなれない。それにWillcomの回線が遅いこともネックだ。

一方、iPhoneは0円キャンペーンをやっていて、パケット上限価格も1,500円ほど下がる点が魅力的だ。でも対象は新規契約。上の子が携帯を持つことになればキャンペーンが利用できて魅力的だが、現時点では携帯はいらないと言うのでこの線もない。

また、キャリアがソフトバンクでも北陸ではHSDPA対応が進んでいないので回線も速いとはいえない。Willcom NSでも同じだが、便利に使えばパケット代が掛かるのも気がかり。パケット代でCDや本を買って移動中はそれを楽しんだ方がQOLの向上には確実に貢献すると思う。家でWLANから取り込む使い方もあるようだが、それまでして読みたい情報だろうかという根本的な問題もある。それにパケットを節約するなら、次に挙げるiPod touchでもやり方はありそうだと気付いた。

iPod touchは、WLANにつながっている限りでは結構いろいろできそう。通勤経路にWLANが使える場所はなく、職場でも別棟の納入業者向けのLANスポットまで出かけないとつながらないのだが、オフラインでWebを見る工夫をする余地はあるようで、予想外に魅力的だと言うことが分かってきた。

ネックは価格。現行iPod nano 16GBが27,800円に対してtouch 16GBは35,800円。8,000円の価格差は機能の差を考えると高くないとは思う。でも現状の8GBの古いnanoに決定的な不満がある訳ではないし、35,800円を24ヶ月で割ってみるとiPhoneを新規契約した時とほぼ同じ金額になってしまう。工夫は楽しいだろうけど、iPhoneでないとダメという制限で我慢するところも色々ありそうだ。同じだけのお金をかけて我慢しながら使うというのも何だかなと感じる。

ということで、とりあえずこのまま705NKを使い続けて、2年契約が切れる来年春にどうするかを考えることにした。

« レミゼラブル ユゴー(青空文庫) | トップページ | 野鳥の日 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/22325/44824296

この記事へのトラックバック一覧です: 携帯端末を考える(何回目だ?笑):

« レミゼラブル ユゴー(青空文庫) | トップページ | 野鳥の日 »