« エムズの片割れ | トップページ | ブログの記事の内容 »

2009.05.24

最近はSSDでもガベージコレクション

このブログのタイトルには"ガベージコレクション"と付いている。
プログラムが置き忘れたメモリを整理するシステムのことなのだが、最近、注目されているSSDでもガベージコレクションが重要だとPC Watchの元麻布さんの連載で知った。インテルがSSDに参入しているのもこの辺りのメモリ管理を得意のマイクロコードで高度な管理ができるという点が、売りのようだ。

この調子で行くと、2、3年後の第1ドライブはSSDになるのは間違いなさそうだ。まだまだ大容量のHDDの出番はあるとは思うが、mixiにyoutubeにブログといった軽い負荷を前提としたネットブックでは、SSDが決定的に有利だろう。また、SSDのコントローラ部分をCPUに取り込んでフラッシュメモリ単体はモジュール化、汎用化するという報道もあって、最新CPUでのメモリコントローラ取り込みはここにつながる流れだったのかとやっと理解できた。

ところでガベージコレクションとはいいながら、解説を読む限りでは、実態はファームウェアによるデフラグ作業のような気もする。デフラグと呼ばないのはメモリだからなのだろうか?

« エムズの片割れ | トップページ | ブログの記事の内容 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/22325/45116802

この記事へのトラックバック一覧です: 最近はSSDでもガベージコレクション:

« エムズの片割れ | トップページ | ブログの記事の内容 »