« 気になる間違いメール | トップページ | 7月の旅行準備を開始 »

2009.06.19

Dockの置き場所

Dockの置き場を変更してみた。
Macbookの画面は横長なので縦方向を有効に使うべくDockを左端に置いていた。でもFinderを開く時に、左上隅を決め打ちしてくる時がある。どんな時かは再現させていないが時々といった頻度だ。当然、Dockと重なってしまうのでウインドウを移動しなければならない。

一方、職場のWindowsでもタスクバーを左端に置いていると同じ問題が起きて、毎日使うアプリケーションがタスクバーと重なってしまう。解決策としてタスクバーを右端に置いて対処していて、やっと慣れたところだ。

ではMacbookではどうしようかと試行錯誤した結果、Dockは下端において、"自動的に隠す"という設定にすることにした。ただし、メニューやツールバーは優先度の高いものを左側に寄せてあって、かつ、必ず最上端にメニューバーが来る画面では視線の移動量という点では、Dockを下端に置くことは不利。でも、ブラインドタッチをしない人にとっては下への視線移動の頻度はかなり高いはずなので、これはこれで良いのかもしれない。

とはいえ、僕に付いて言えば常用のアプリケーション一式を立ち上げたら、切り替えはcommand+tabか4本指スワイプ、あるいはexpose。止める時にはアプリケーションを立ち上げたまま、液晶を閉じてスリープという使い方なので、視線移動は実際には問題にならなかった。本当にMacのUIは良くできていると思う。

« 気になる間違いメール | トップページ | 7月の旅行準備を開始 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/22325/45399946

この記事へのトラックバック一覧です: Dockの置き場所 :

« 気になる間違いメール | トップページ | 7月の旅行準備を開始 »