« こころ 夏目漱石(青空文庫+705NK) | トップページ | 明治と昭和の戦後 »

2009.06.26

やっとバファリス

バファリスというものが話題になっているとずいぶん前にネットの記事で読んだのだが、Webサイトにアクセスしてもいつも"人大杉"で観ることができなかった。やっと落着いてきたのか今日はアクセスできた。

なるほど"うつくしきもの"が好きな日本人、それも女性には受けるかなと思う。おそらくはバファリンとの長い付き合いが始まる、小学校高学年から中学生ぐらいが本当のターゲットなのだろう。

家内と1回ずつ遊んだらアンケートのお願いが出たので何気なく始めたら、途中にバファリン以外のどんな薬を飲んでいるかという設問があって、頭痛薬が並んでいる。

"ノーシン、サリドン、グロバリン、エキセドリンとそろえて...まあねえ...どれをお飲みになっても同じようなものだと思いますね..."

スネークマンショーの"これなんですか"を思い出して、家内と二人で笑ってしまった。やっぱり、つれあいは同世代に限るよなと思う。

けど、バファリスからこの記事にやってきた普通の人にとっては、何のことだかさっぱり分からないだろうな。

« こころ 夏目漱石(青空文庫+705NK) | トップページ | 明治と昭和の戦後 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/22325/45460349

この記事へのトラックバック一覧です: やっとバファリス :

« こころ 夏目漱石(青空文庫+705NK) | トップページ | 明治と昭和の戦後 »