« 衆院選の選挙に行ってきた | トップページ | 衆院選の結果 »

2009.08.31

トカトントン 太宰治 (青空文庫)

何かを始めようとした時、やる気が満ちてさあこれからがんばるぞというところで、どこかから聞こえてくる"トカトントン"の音でやる気が一気に失せるという話。

僕も最近はこんなことが増えてきたように思う。仕事でも趣味でも経験を積んでしまうとこれから先の予想がついてしまう。その予想は大体つまらない結果か、小さな成功程度で感動からは程遠いものであることが多くなっている。この小説は先が見える前に"トカトントン"の音がやってくるのだが、作者が表したかった感覚は同じようなものなのではないだろうか?この感覚は感動の喪失となって、僕をうつ状態に引き込んでいった。作者の命もこの感覚によって失われていったのではないだろうか?

« 衆院選の選挙に行ってきた | トップページ | 衆院選の結果 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/22325/46082346

この記事へのトラックバック一覧です: トカトントン 太宰治 (青空文庫) :

« 衆院選の選挙に行ってきた | トップページ | 衆院選の結果 »