« 新潟たれカツ丼とソースカツ丼 | トップページ | デパスの依存性 »

2009.09.22

Macに慣れてしまうと

使い始めはいろいろ分からないことがあった。たとえば以下の例。
 ・ウインドウ最大化ボタンを押した時の挙動がよく分らない
 ・ウインドウ最大化で起動する方法は?
 ・ファインダーのウインドウを起動時から十分な大きさにするには?
 ・キーボードショートカットのキーアサインが複雑すぎて実用にならない。
でも、使い慣れてくると全部どうでも良くなってしまった。

仕事で使っているわけではないので画面一杯にウインドウが開かなくてもかまわないし、トラックパッドが優秀なのでショートカットでがんばらなくても操作性は良好、ファインダーも職場みたいに何段階ものフォルダの底まで探しに降りることがないので、起動時のウインドウサイズで十分だ。

比較すると不満の種はある。でも、本当にそれが問題なのかは使ってみないと分からないということ。経験のない文化には違和感を感じるが、その文化の中ではそれなりに合理性があるのだということを学んだ。ただし、リアル世界について言えば、どうしても受け入れられない文化も多いのが、悩みの種だけれど。

« 新潟たれカツ丼とソースカツ丼 | トップページ | デパスの依存性 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/22325/46281511

この記事へのトラックバック一覧です: Macに慣れてしまうと :

« 新潟たれカツ丼とソースカツ丼 | トップページ | デパスの依存性 »