« 11,000アクセス | トップページ | 硝子戸の中 夏目漱石 »

2009.10.21

桜桃 太宰治 (青空文庫)

作者の亡くなる直前の生活を写すような短編。
小説というより日記といった方が良いかもしれない。ダウン症だった作者の息子について語っていると思われる部分はまさに日記として読まれることを想定していたのではないかと思うほどだ。こういう作品を書いたのは、実生活の行き詰まりへのSOSだったのかもしれない。

« 11,000アクセス | トップページ | 硝子戸の中 夏目漱石 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/22325/46546786

この記事へのトラックバック一覧です: 桜桃 太宰治 (青空文庫):

« 11,000アクセス | トップページ | 硝子戸の中 夏目漱石 »