« JRの忘れ物センターが好印象 | トップページ | アレルギーで消化管の粘膜が腫れている? »

2009.10.28

倫敦塔 夏目漱石 (青空文庫)

ロンドン留学中に訪れたロンドン塔の見聞記。
吾輩は猫であると同時期の作なので、小説家転身に向けた試行のひとつだろう。内容はそのままテレビの旅番組のネタにできそうな、"訪れた場所から、歴史への空想を思い描く"形で、古さを感じさせない。ただし、こういう形式は漱石の創造物ではなくて、江戸の文学や漱石の専門の英文学での定型だったのかなとも思う。

« JRの忘れ物センターが好印象 | トップページ | アレルギーで消化管の粘膜が腫れている? »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/22325/46608119

この記事へのトラックバック一覧です: 倫敦塔 夏目漱石 (青空文庫):

« JRの忘れ物センターが好印象 | トップページ | アレルギーで消化管の粘膜が腫れている? »