« 新型インフルエンザ5日目 | トップページ | 戦後初の理系総理大臣 »

2009.11.25

MobileGear 老兵は死なずただ消え去るのみ

10年ほど前、NECのMobileGearという端末を活用していた。
MS-DOSベースだが、簡易ファイラ、ワードプロセッサ、電子メールクライアント、パソコン通信ソフトなどがROMで搭載されていて、小さめながらフルキーボードを持つ入力専用機として一世を風靡した機種だ。

昔は海外出張での電子メールや出張報告書書きなどに活用していたのだが、その後、職場で出張用PCが準備されたことやデジタルカメラが普及して画像データが扱えない端末の出番がなくなっていった。ずいぶん長い間、お蔵入りになっていたものを電車でのブログ書きに使えないかと取り出してみた。
Mobilegear

電池を入れると動作したが問題が2つ。1つめは外装に塗られたゴム系の塗装が剥がれ始めてネトネトになっていたこと。アルコール系のウェットティッシュで半日がかりで剥がしたが、まだ手触りがねっとりしている。

もう1つが致命的で、液晶の応答がものすごく悪いこと。カーソルが移動中にちらつく程度ならば我慢もできるが、1行の半分ほどがちらついてしまい、長く見ていると酔いそうな感じでダメ。経時劣化したのか僕の目が弱ったのかどちらかはよくわからないが、思い出は思い出のままが良いなと、素直に諦めることにした。

そこへグッドタイミングでポメラの新型発表の記事を発見。これを買えという神様の思し召しか?


« 新型インフルエンザ5日目 | トップページ | 戦後初の理系総理大臣 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/22325/46858181

この記事へのトラックバック一覧です: MobileGear 老兵は死なずただ消え去るのみ:

« 新型インフルエンザ5日目 | トップページ | 戦後初の理系総理大臣 »