« 2009年11月 | トップページ | 2010年3月 »

2009年12月

2009.12.24

PCの画面が逆さま

近くに住む父から電話があって、突然、PCの画面が逆さまになったという。
キーボードに手を突いたらなったとか要領を得ない。出かけて見てみると見事に逆さま。逆さまの画面ではカーソルがうまく動かせない。無意識のうちに、体が覚えている方向に手が動いてカーソルはあらぬ方向へ動いていく。画面のプロパティをしばらくさまよってオンボードグラフィックのドライバの中に画面の回転の設定があるのを見つけて修正。込み入った場所に設定があってショートカットはなさそうなので、誤操作ではなくメモリ異常か何かが原因なのだろう。いろいろなことがあるもんだ。

2009.12.23

日本政府は地球温暖化対策の完了宣言を出せ

COP15は決裂しなかったこと、あるいは、つまらない合意をしなかったことが成果という散々な結果だったようだ。この問題はまともに国益がぶつかるから、この先もまとまることはないのではないかと思う。冷戦の終わった欧州が、国際交渉のネタとして引っ張り出したこの議題は、最初からまとまらないことが前提のようにも思える。戦前の軍縮会議に似ているかもしれない。

そこで、この虚を突いて日本は目標達成済みの宣言をしたらどうかと思う。省資源が国是である日本にとってはCO2削減は既に社会全体で織り込み済みで、おそらくGDP当たりのCO2排出量とかの指標でいえばダントツの1位になっていると思う。"うちはもう目標を達成したので特別な活動はしません。後はみなさんがうちのクルマや設備を買ってくれればそれで世界のCO2排出量削減は達成できますよ"と宣言してしまって良いのではないかと思う。

目標を掲げた活動は比率で判断すると間違える。面積で考えることが重要なのだ。絶対量の多い中国、アメリカで比率を高めるのが一番効果的。その手段の提供が日本の役割だと宣言する戦略を取ることも、現状の混乱の中では可能なのではないかと思う。もしかすると現在の合意が京都で決まった理由は、がんこな米中は仕方ないとしても、日本に目標達成を宣言されることを恐れた欧州が釘を刺す目的があったのではないと考えてみたりする。

2009.12.22

ゆず湯

今日は冬至。実家からもらったゆずでゆず湯にした。いつも思うがゆずってこんなにほのかなにおいだったっけって思う。
Photo
今日はカボチャも食べて完璧。冬至を過ぎても夜明けはまだしばらく遅くなるが、冬至を過ぎて朝出かける時の明るさが戻ると、一足先の春を感じることができる。

2009.12.21

MacBookスリープ解除時のDVDドライブアクセス音が消えた

MacBookがスリープから解除する時に、何故か必ずDVDドライブにアクセスをして、毎度、ジャージャッというような音がしていた。最初は違和感があったが慣れてしまえば、さあ動きますよという掛け声のようにも感じていたが、そんな音はない方が良いに決まっている。だいたい、電源が入った時ならばDVDからの起動もありうるからDVDアクセスも意味があるのだが、スリープ解除の時にまで一々DVDを読みに行く意味がない。電源を入れた時のジャーンが、消せないのと同じく、音に関してはAppleもあまり美学はないのかなと思っていた。

それが、しばらく前にMacBookのEFIのアップデートがあり、改善項目にスリープ解除時のDVDドライブ音のことが書いてあった。期待してインストールしたが何も起きずに、別の異音不具合だったかとがっかりしていた。ところが、先週、スーパードライブのアップデート通知が出たので、今度こそと再び期待しながらインストール。再起動後は異音がしなくなった。やればできるじゃんとちょっと拍子抜け。

苦情はたくさんあったが長らく放置されていたのは何らかのAppleの方針があったのだと思う。それが最近変わったのだろう。どんな理由かは不明だが、意外と僕の考えていたような"さあ起きましたぜ"という掛け声だったというのが真相だったりしてと考えたりしている。

2009.12.20

スーパーの駅弁大会

近所のスーパーの駅弁大会の弁当を買ってきて食べた。この時期は駅弁を買うような旅行客が減るのでその穴埋めにこういう商売をしているのだろうか?正直言ってこれはおいしいねという駅弁は余りない。これまで気に入ったものと言えば、東京駅の深川めし、奈良近辺の柿の葉寿司、富山のますのすしぐらい。名物にうまいものなしの原則は弁当にも生きていると思う。

2009.12.19

来年はほぼ日手帳

今年は手帳なし、電子メモのみで一年を過ごしたが、来年はほぼ日手帳を使うことにした。
一昨年は能率手帳で、途中からは電子メモ+Googleカレンダーに切り替えていて今年もそのまま。来年もまだ手帳を買うほどのスケジュールもないかなとは思うのだが、以前から気になっていたほぼ日手帳が結構盛り上がっているようなので1回試してみることにした。

一番の特徴は1日1ページのレイアウトで、手帳というより日記に近いと思う。どういう風に使うかはまだ迷っているが、生活の記録を中心にして仕事についても書き込むという扱いが本命。でも電子メモの記録性に慣れてしまったので、文庫本1ページ分では書ききれずに電子メモは止められない事になりそうな気もする。

一方、電子メモは分量の制限がないので書き出したら切りがなく、時間のロスになっているような気もしている。吾輩は猫であるの中で、24時間を記録しようとしたら24時間が必要になってくるというような文章があったとおり、記録のための記録をどこまでやるのか、どこで見切るべきかについては見直しも必要かと思う。

2009.12.18

文字コードがおかしい(emacs)

いつの間にか日誌のテキストファイルの文字コードがおかしくなっていた。
Windows上のサクラエディタで開くと文字化けしてしまう。Meadowのステータス行では"-=(Unix)"になっていて文字化けはしていない。家のCarbonEmacsでも文字化けはなし。MeadowからサクラエディタにCopy&Pasteし文字コードutf-8、CRLF、BOMで保存して開いてみると"-u\"に戻った。

ついでにサクラエディタから他の設定で保存してみると以下のとおり。
utf-8 CRLF -u\
utf-8 CR -u(Mac)
utf-8 LF -u(unix)
SJIS CRLF -S\
JIS CRLF -J\
EUC CRLF -E\
Unicode CRLF -u\
UnicodeBE CRLF -u\
色々やってみたが"-="という文字コードは出てこない。Googleで検索しても見つからない。取りあえずは困らないが、気になるのでもう少し調べてみるつもり。

2009.12.17

雪が降った

昨日が初雪、今朝は雪景色の中の通勤。
福井市の市街地北部は積雪が多かったようで自転車ででかけた上の子は数回転んだらしい。明日は電車で行くと話していた。普通の時間に行くと福武線は超満員なので2本早い電車の時刻を調べている。

2009.12.16

気のいい火山弾(青空文庫+705NK)

小学5年の時に大阪へ転校する少し前の国語の授業の課題が、ちょうどこの童話だった。
"「荒らしはスルー」でがんばればそのうち良いこともあるさ"という内容は、転校先で課題になっていた同じ宮沢賢治のいじめという同じテーマの"よだかの星"とはずいぶん方向性が違っている。文学作品としては"よだか"の方が格調高いが、小学5年生には"火山弾"のほうが適切かなと思う。特に幼い今の5年生には"よだか"の内向性が理解できないあるいは共感できないのではないかと思う。

では当時の自分はというと、"よだか"の寂しさには共感しても、じゃあ鳥じゃない僕はどうすればいいのという現実的な問いへの答えがなくてむなしさを感じたのを覚えている。とはいえその後の大阪の学校では受け入れてもらえたため、寂しさからも脱して実感も失われていったはずだが状態の良い時の記憶はなくなっていて覚えていない。

2009.12.15

小沢一郎は虎の尾を踏んだ

中国副主席と天皇との会談の問題が大きく報道されている。
この事件をきっかけに自民党が息を吹き返すのではないだろうか?これまで自民党が築いてきた戦後システムの根幹をなす象徴天皇制を、小沢幹事長のごり押しで穢されたと感じた人は多いと思う。小沢許すまじの決意が求心力を失っていた自民党の統合の力になると思うのだ。

また、この問題は中国の副主席が与党幹事長より偉くて天皇がその下に扱われている構図がはっきり示されたという点でも明治維新以来、前例のない状況だろう。小沢が訪中しその直後に副主席が訪日という日程は、日本主導で組んだとは考えられないから、おそらく中国が周到に仕組んだワナに小沢幹事長が陥ったのだろう。うっかりはまってしまったのならば、礼を尽くして物事を動かすべきで、政治と官僚の関係という低次元の話に逃げ込むのは失礼な話だ。

これまで民主党は合理性で改革を進めてきて、紆余曲折がありながらも支持されてきたが今回の問題は感情の部分で躓いたと思う。おごれる平家も久しからず、すぐに例を挙げられないが、こういうエピソードが戦いの火蓋を切ったことは何度もあったと思う。

少し興奮しながらこの記事を書いていると、僕も象徴天皇制を支持していることをはっきり認識するという意外な発見もあった。

NHKオンデマンドMac対応予告

4月からフラッシュビデオ化によりMacにも対応するとの発表があった。
見る前提で考えてみた。番組は短いもので105円から、1時間番組で315円が基本のようで、最近の放送分の再放送である見逃し番組放送も昔の名作の特選ライブラリでも同じ価格設定。また、特選ライブラリは複数話をまとめた価格もあるようだ。

見逃し見放題パックが1470円/月という設定は5時間以上見るなら安くなると言う設定。でも年間17,640円も払うことになるので3年でHDDレコーダが買えてしまう。こまめにHDDレコーダに録画した方が安く高画質なものを見ることができることになる。また見逃し番組放送は24時間以内の提供開始から10日間に限定されるので容量が一杯になるHDDレコーダに近いとも言える。

では始まったら見るかというと見るだろうと思う。見たい番組に限って録画するのを忘れてしまうからだ。

2009.12.14

JRポスターの"天候により景観は変化します" のコメント

JRの駅の青春18切符のポスターは予讃線の素敵な景色。いいなあと思いつつ片隅の小さな文字を読むと"天候により景観は変化します"と書いてある。そりゃそうだよねと思うが、書いておかないとこんな景色は見えなかったと苦情を言う人がいるということなのかなと思うと興ざめしてしまう。

"モンスター乗客"対策なのだろうけれど、どうして日本がこうなってしまったのだろう?アングロサクソンを悪者にするのがお手軽だけれど、物質的に豊かになると自然とこういう風になっていくのかもしれないと感じたりする。でも、その理由を言葉でうまく説明することができずにもどかしい。

2009.12.13

ツレと私の「たいへんだ!」育児 細川貂々(文藝春秋)

1コマイラスト+数行の記事というWeb連載記事の書籍化。他の本と類似の内容だが、文章が多いので気持ちが良く伝わる印象。でも、これまで売れずに苦労した後だからか、今しか稼げないと必死でがんばる2人が多作の状況から垣間見えてちょっと切ない。

2009.12.12

アクセラにAux入力

アクセラ購入時に付けたiPodアダプタはまともに選曲ができなくて使えない
そのため車でのiPodはあきらめていたが、ボーナスも入ったことだしオプションのAux入力を付けて、iPodから純正オーディオを鳴らせるようにした。ターミナルはセンターコンソールのもの入れの中に付けてそこからピンジャック-ミニプラグ変換ケーブルで取り出し。
Aux

純正CDラジオのままなので音質は大したことはないがiPodを直接操作できるのは、当たり前ながら非常に便利。やっとiPodを付けた意味がある状態になった。後の課題は長時間運転の時の充電。でも、当面長いドライブの予定はないので出かける前のフル充電で何とかなるだろうと何も準備しないことにした。


2009.12.11

駅の青いLED電灯

数日前に花堂駅の4カ所の電灯が青色LEDに交換されていた。
青色は精神を落着かせて犯罪を抑止する効果があるとのこと。青色の光が作る景色は月が差す夜をイメージさせるものだろうから、夜行性でなくなった後の人間には、落着くべき時間だよというメッセージになるのかもしれない。
ただし、"とんでも話"の多いイギリス発の情報のようなので本当かなとも思う。
20091211144


2009.12.10

昨日書いた記事が消えた

インターネット経由で日誌メモのファイルを家のMacと職場のPCでやりとりしているのだが、昨日はなぜか同期がうまくいかずに、職場で書いた記事がなくなってしまった。結構、長い記事だったので大きな損失。操作ミスなら諦めなければならないが、これで2回目なのでネットサービス側の問題ではないかと疑っている。

2009.12.09

13,000アクセス

メモとして記録。

プロ野球から遠ざかった理由

学生の頃までは熱狂的な阪神ファンだった。
始まりは小学生の頃。田舎なので、周りはみんな巨人ファン。人と同じは気に入らない僕はアンチ巨人だった。でも通っていた散髪屋が阪神ファンの店だったこともあって次第に阪神ファンになり、中学時代と大学時代に大阪で過ごしたこともあって完全に阪神ファンになっていた。

ところが、就職してあまりの忙しさにテレビさえ見る時間がなくなったところへ、突然、優勝。それも優勝への道のりの各試合は全く見ることができなかったということが最初の躓き。その後の独身時代も忙しく、疲れて帰ってからプロ野球ニュースを見る程度。さらに結婚して子供ができてからは、とうとう普通のニュースでちょっと様子を見る程度になってしまった。

でも本当の転機は江本の本を読んだこと。"ベンチがアホやから"で辞めてから出した本で、プロ野球選手も人間、風邪も引くし二日酔いの日もある。長丁場のペナントレースを乗り切るためには毎日全力を出しているわけではないという当たり前の事実が書かれていたのだが、プロスポーツの夢の部分を完全否定してしまっている。これを読んだ時期と上に書いた就職、阪神優勝が重なって、一気に白けてしまった。

この本が出た時期とプロ野球の衰退の時期とは一致していないけれど、ファン心理に大きな影響を与えたのではないかと思う。夢の世界は、苦しい訓練とか根性とか夢のままで置いておいて欲しかったなと思っているのは僕だけではないと思っている。

2009.12.08

NASを購入

Amazonで注文したNASが届く。
早速LANに接続して、MacBookに管理アプリをインストール。初回の装置検索でエラーとなったが、DHCPでIPアドレスを取って接続はできている模様。とりあえず家族ごとのフォルダを作成して今日は終わり。

値段は15,600円でヤマダ電機のポイントなし現金特価の19,500円よりも4,000円ほど安い。普通のUSB接続品とは違って価格競争に陥っていないため店頭価格が高いのかなと思うが、Amazonがこんな安いと、何か問題があるのではと少し不安になってしまう。

2009.12.07

職場の換気

今日はなぜか猛烈に眠い。
気付かないうちに無呼吸で寝不足になっているのかもしれないなあと考えていたが、ふと思い付いて空気の入れ替えをしたら頭がすっきり。週明けは原因不明だが空気が悪い。建屋内の空調システムの効率が悪くて、空気が入れ替わるのに1日以上かかるのかもしれない。

2009.12.06

タイコウチが死んだ

下の子が飼っていたタイコウチが死んだ。
2年前の夏休みに、子供たちが電車に乗って、昔、住んでいた町の近くの田んぼの端の用水路で取ってきた4匹のうちの最後に残った1匹だった。生きえさが必要で夏場はバッタなどの昆虫、春秋は飼ってきたえさ用のメダカ、冬は冬眠させて飼っていたが、えさやりが手抜きで毎日のように注意してやっとえさをやるという状態で、厳しい自然界と比べたら同じぐらいかもしれないが、あまり恵まれた環境ではなかった。

そんな手抜きの飼い主でも死ぬと悲しいらしくしょんぼりしている。死んでから悲しむのでなくて、生きている命を大切にしなさいと、これまで何度も繰返してきた話をした。これで生き物はメダカとコリドラスの水槽だけになったが、こちらも手抜きで水草がものすごく栄えて、魚の泳ぐスペースがなくなってしまっている。水草の手入れを勉強して剪定することになったが、今日は調べるまでで終わっていて、剪定には手付かず。やきもきさせられるが待つしかないのか?

2009.12.05

ツレはパパ2年生 細川貂々(朝日新聞出版)

パパ1年生の続編で、同じ連載をまとめたもの。
一番大変だけど一番かわいい時代を懐かしく思い出す。でも、もう1人と言われると、ちょっと無理だなと改めて思う。

2009.12.04

ケーブルテレビのアナログ配信

ケーブルテレビのアナログ配信が2015年まで続くことが決まったそうだ。
僕の部屋のアナログHDDレコーダも2015年までは活躍できることになった。先日、結構、手こずって設置したものの2012年までの2年半の命だと思っていたが、意外に長い期間使えることになったのはうれしい。

2009.12.03

JRのポスターが欲しい

毎日降りる粟津駅の地下道には、観光地のポスターとJRの企画切符のポスターが貼ってある。
このうち青春18切符とかフルムーンとかのJR企画のポスターにはなかなか良い物があって、自室に貼りたいなと思うのだが、駅員さんに用済み後に譲って欲しいとはなかなか言えずに我慢している。長距離定期で年間20万円以上使っているからもらう権利はあるようにも思うが、勤務先のお金とも言えることがためらいの原因になっている。

2009.12.02

久しぶりにキジを見た

夏の間、あまり姿も声も聞かなかったキジを久しぶりで見た。
昼休みに職場がある広大な工場の片隅の林の近くを散歩していたら、林の中に2番のキジが歩いていた。僕の気配に驚いたようだが、スズメなどの小鳥のようにあわてて飛び立たずに、しばらくは悠々と歩いていた。と、突然一羽が走り出したのに続いて残りの3羽も走り出し、最後は4羽とも50m先の草むらまで飛んでいった。

2009.12.01

ココログの動作が軽い

非同期処理のおかげか、ココログの動作が軽い。でも、困るほどは重くなかったけどね。

塩鮭が生鮭:平和堂には困ったもんだ

今日の弁当のおかずは塩鮭のはずだった、が、口に入れてびっくり生鮭だった。
でも鮭自体はおいしい鮭だったので、鮭の風味でそれなりに食べられたので助かった。家内によれば塩振り鮭を買ったとのことで、平和堂のミスみたいだ。

我が家での平和堂の信頼度は相変わらず低い。客を疑うような返品・交換システム、例外が多くてせこい一律割引き、態度の悪い店員。そして今度は味付け忘れの鮭。そういえばしばらく前にレモンより酸っぱいマンゴーもあったなと思い出す。

福井では大手スーパーの選択肢が少なくて困る。平和堂全体が悪いのか、本拠地滋賀の外である福井の店が悪いのか?

« 2009年11月 | トップページ | 2010年3月 »