« 睡眠時無呼吸がうつ病の原因か | トップページ | Linux@自作PC:ケースファンをM/Bに繋いでみた »

2010.05.19

マレット指 、完全には治らない

2013.05.09追記
約3年後、ほぼ完治した状況の記事を追加した。
マレット指その後、3年後

2011.06.26追記
約1年後の記事を追加した。
マレット指その後


2月半ばの土曜日の夜、風呂に入ろうとして靴下を脱いでいたら右手の指に違和感。アレッと思った瞬間、右の中指の調子がおかしくなっていた。第1間接から先がお辞儀をした状態で、力を入れても伸びない。曲げる方向には曲がるが伸ばせない。困ったなと思ったが、痛みが全くなかったのと、服を脱いでしまっていたので、そのまま風呂に入った。

湯船に浸かりながら改めて指の状態を確かめてみたが、やはり伸ばすことができない。その指を見つめていたら、何故か笑いがこみ上げてきて一人で笑い出してしまった。突き指の一種かなと思って、指を引張ってみるが、第1間接より先をつまんでも余り力が加わらず、変化はない。そのままでは困るので家にあったテーピング用のテープで固定してその日は寝た。

翌日、休日当番医を探して少し離れた整形外科へ。レントゲンを撮って、お決まりの「骨には異常はないですね」の後、分厚い解説書を開いて説明してくれた。これはマレット指というもので、指の背側にある腱が切れたために起きた。治療は指を伸ばした状態で固定することで、具体的には指先にピンを刺して骨を固定し8週間程度かかる。その間、ピンの飛び出ている部分を毎日消毒してもらうことになる。今日は休日であり、また手術は予約制なので、近日中にまたきて下さい。とのこと。

簡単にピンを刺すというが、そんなの無理だよというのが正直な感想。帰宅後、ネットで検索すると、説明のあったピン刺しの写真もあったが、それとは別な方法に「ばね式装具」というものを使って固定する方法があることが判明。こちらなら耐えられそうだ。休日当番だった整形外科は人工関節の解説がたくさん掲示してあったことからして、手術が得意=好きな医師だったようだ。

週が明けて月曜日に近所の評判の良い整形外科へ。もうレントゲンは撮らずに、マレット指との診断。先生は中指ですからこのままでも余り不自由はないですよ、と話すのは、治りにくいための予防線かなとの疑い。

治療は予想通りにばね式装具。でも予想と外れたのはその価格で約1万円もする。おそらく手作り、めっきで仕上げた金属部品にフェルトを貼って、固定用のマジックテープをはめ込んであるだけのものが1万円とは!勤務先の調達部門で見積もれば、500円、高くても1000円かなといったところ。こういう所から推して、医療費はヤクザな値段になっていることが判る。ただし、義肢を作る業者のようなので、こういうものを積み重ねて日銭を稼いでいるのかなとも思う。
1

装具を付けるとマジックテープが指の背に食い込み、金属に保持される指の腹も型押し状態になる。痛みはほとんどなかったのだが、装具が原因の痛みが始まった。マジックテープを緩めてみたり、装具を付ける位置を指先にずらしてみたり、戻したり。微調整で痛みとの戦い。また、ばね式で押えているとはいえ、どうしても指が曲がろうとする。腱がつながらないままに固定してしまったらもう手の打ちようがないので、痛みに耐えながらきつめに締めたりして最初の1週間が過ぎる。

経過を診る診察の1回目。少し食い込み気味ですね、ずらしながら調整してくださいということで3分診療。この後3週間目までは一切外さずに治療に専念。4週間目の2回目の診察の前に、垢や何やらで気持ち悪くなっていたため、装具を外して手を洗ってすっきり。診察でも外してみてこの調子でということ。つながり具合が心配だったのでその旨を聞くと、第2間接を左手で固定して第1間接だけを動かすように指示があり、やってみると伸ばす側にも動いている!角度にして3度ぐらいは完全に伸びきらないもののこの程度ならこの先も問題なさそうで一安心できた。

6週目の診察では、もう外しても良いとのことだったので外してみる。2ヶ月も装具を付けていたので、かなり指に食い込んで、指が変形してしまっている。1日様子をみたが、指の腫れがきつく押えていないにも関わらず痛みが出てきたので翌日に診察。心配ならもう少し付けて置いて、付けたり外したりしてくださいとのこと。7週目には完全に装具を外して現在に至る。

装具を外した状態。
2
3

現時点で3ヶ月を経過したが、腱断裂部の腫れは引いていない。それどころかここ1週間で腫れている部分を2回もぶつけてしまい、腫れが悪化したようにも見える。先生の話では、腫れが引くまで3ヶ月、こわばりが取れるまで4ヶ月とのこと。何とか腱は繋がったのだし、もう47歳、折り返し点は過ぎている。高望みせずに気長につきあうしかないなと、最近は早期の回復を諦めている。

伸びきらない右手中指、まだ腫れている
Photo

正常な左手中指
Photo_2

« 睡眠時無呼吸がうつ病の原因か | トップページ | Linux@自作PC:ケースファンをM/Bに繋いでみた »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/22325/48402256

この記事へのトラックバック一覧です: マレット指 、完全には治らない:

« 睡眠時無呼吸がうつ病の原因か | トップページ | Linux@自作PC:ケースファンをM/Bに繋いでみた »