« 2010年10月 | トップページ | 2010年12月 »

2010年11月

2010.11.22

胃がん検診の結果

バリウムを飲んでレントゲン撮影をした胃がん検診の結果が帰ってきた。

指導区分が胃外性所見となっていてドキリ。よく読むと十二指腸への出口に潰瘍があるとの指摘。悪性の心配はないということだが、潰瘍と言われると困ってしまう。病気をする前は、胃が悪いという自覚症状もあったのだが、病気以後は胃はすっかり良くなったと思っていた。でも、50年近く生きてくれば何かはあるのが普通。あんまり気にしないで、放っておく予定。

2010.11.21

Linux@自作PC:Wineアンインストール

MobipocketReaderは使えそうもないので、Wineをアンインストールした。ソフトウェアセンターから簡単に削除。

Linux@自作PC:DVDが観られない(VLCインストール)

世の中はHD時代になってDVDのリッピングに抵抗感がなくなってきたので、リッピングをやってみることにした。まずは観ることからとDVDをドライブに入れてみたが、動画プレイヤー、mplayerのいずれを使っても開けない。それならばVLCをインストールしてみたが、それでもダメ。もしかすると、観ようとしている平井堅の歌バカは特別なプロテクトがあるのかもしれない。

2010.11.15

ついつい放送中のテレビを見てしまう

地デジチューナーを買って録画したのだが、対応アプリケーションを起動すると最初はチャンネル1に割り当てられているNHK総合の今の番組が映るようになっている。HDDレコーダや昔のVHSと同じような仕様なのだが、NHK好きなので番組が映るとついついその番組を見てましって、録画を見るはずだったのを忘れてしまう。ダラダラ見ることが多くなりそうで運用を考えないとまずいかもしれない。

2010.11.13

Macbook用Pixela地デジチューナー設置

メモリと併せて、Pixelaの地デジチューナーPIX-DT181-PU0を購入した。

外付け電源不要、B-CASカードを入れてアンテナ線とUSBをつなぎソフトウェアをインストール。最初の起動での選局に数分掛かったがそのあとはすぐに地デジ放送を見ることができた。また、外部電源のない単純なUSBハブを介しても動作するし、アプリケーションの動きもまあまあ。テレビを見ている時のCPU負荷はうまく2コアに分散していて合計27%程度の負荷なので他の作業もできそうな感じ。

セットアップしているうちに、偶然、見たいNHKスペシャルが始まったのでそのままマニュアルで録画してみたがこれもうまくいった。Evernoteに敏感という情報があったが、Evernotehelperが動いていも大丈夫みたいで心配するほどでもないことも判明。2010.12.03訂正:やっぱりEvernotehelperが動いているとダメだった。

あまりに簡単なので少し拍子抜け。買うかどうかについて、これまで散々悩んできたが、こんなことならもっと早く買えばよかったなと思う。

Macbookのメモリ増設とユニボディの弱点

Macbookのメモリを2+2GBに増設。銘柄はBuffaloのD3N1066-2GX2で、Mac用ではない普通のノート用SIMM。今やMacの部品も標準品が当たり前になってきている。Mac用を謳って動作確認をネタに高い値段で売る商売はいい加減に止めるべきだと思う。

増設作業は、AppleのWebサイトのサポート情報に従う。最初に裏カバーを外すのだが、ねじ精度が良くないためになかなか緩まず、危うくスクリュの十字をなめてしまうところだった。雌ねじをインサートにすることで強度や精度を上げることができないことが、ユニボディの弱点ということが判った。

慎重に作業して何とか外れて裏ふたが開き、後は簡単に1+1GBから2+2GBへと増設。古いメモリはDDR3なのに1GBと中途半端なので当面使い道がないが、今後iMacなどの4スロットあるノート系PCを買うことがあれば役に立つかもしれない。でもその時には速度がネックになりそうで結局使い道はないのかもしれない。

4GBになったが、まだ使い込んでいないので効果は良く判らず。来週一週間ぐらい使うとメモリ増設の効果が判ってくるかもしれない。

2010.11.03

フラットケーブルでLANを有線化

昨日届いたLANケーブルを配線した。

ELECOMのLD-GF/BE20というケーブルで、カテゴリ6準拠、厚さ1.4mm、長さ20mのフラットケーブル。ドアの隙間を通して配線でき、柔らかくて押しピンで固定できるので配線の固定も楽にできる。1階のリビングにあるルータからドア-階段-廊下-ドアを介して2階の自室までの約15m。長さ15mのケーブルでもなんとか届くのだが、将来の配置換えに備えて20mとした。

フラットケーブルで速度が出るのかという点が今ひとつ心配だったのだが、昼過ぎのテストではインターネット下り88Mbpsまで出てびっくり。夕方でも78Mbps出ていてルータが100Mbpsであることからして、十分に速度は出ている。カテゴリ6の仕様値である1Gbpsまで出るのかは環境がないので判らないが、現状では十分満足できる。

インターネットが80Mbpsも出るのは初めてで、こんなことならもっと早く有線化か無線のn化をしておけば良かったと思う。でも1年ぐらい前にリビングにあったデスクトップ機から有線LANで計測した時には、せいぜい15Mbps程度だったような記憶がある。その後、回線側に何らかの改善があったのか、PCが2004年のCeleronだったのでPC側の処理速度が律速していたのか、今となっては不明。
Lan1


Lan2


« 2010年10月 | トップページ | 2010年12月 »