« Linux@自作PC:cadaverで@niftyマイキャビに接続 | トップページ | Macbookのメモリ増設とユニボディの弱点 »

2010.11.03

フラットケーブルでLANを有線化

昨日届いたLANケーブルを配線した。

ELECOMのLD-GF/BE20というケーブルで、カテゴリ6準拠、厚さ1.4mm、長さ20mのフラットケーブル。ドアの隙間を通して配線でき、柔らかくて押しピンで固定できるので配線の固定も楽にできる。1階のリビングにあるルータからドア-階段-廊下-ドアを介して2階の自室までの約15m。長さ15mのケーブルでもなんとか届くのだが、将来の配置換えに備えて20mとした。

フラットケーブルで速度が出るのかという点が今ひとつ心配だったのだが、昼過ぎのテストではインターネット下り88Mbpsまで出てびっくり。夕方でも78Mbps出ていてルータが100Mbpsであることからして、十分に速度は出ている。カテゴリ6の仕様値である1Gbpsまで出るのかは環境がないので判らないが、現状では十分満足できる。

インターネットが80Mbpsも出るのは初めてで、こんなことならもっと早く有線化か無線のn化をしておけば良かったと思う。でも1年ぐらい前にリビングにあったデスクトップ機から有線LANで計測した時には、せいぜい15Mbps程度だったような記憶がある。その後、回線側に何らかの改善があったのか、PCが2004年のCeleronだったのでPC側の処理速度が律速していたのか、今となっては不明。
Lan1


Lan2


« Linux@自作PC:cadaverで@niftyマイキャビに接続 | トップページ | Macbookのメモリ増設とユニボディの弱点 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/22325/49927728

この記事へのトラックバック一覧です: フラットケーブルでLANを有線化:

« Linux@自作PC:cadaverで@niftyマイキャビに接続 | トップページ | Macbookのメモリ増設とユニボディの弱点 »