« 電気かみそりを分解 | トップページ | Linux@自作PC:本物のRARをインストール »

2010.12.03

黄砂にカビや細菌

asahi.comで以下の記事を読んだ(すぐに消されてしまうので転載)。
ずいぶん前から、北陸の1月や2月から花粉症の症状が始まるのは原因がスギ花粉ではないはずだから、花粉症の原因は花粉ではなくこの季節に飛来量が増える黄砂が原因だと思っていたが、やっと研究が進んできたみたいだ。近いうちに花粉症の真の原因は黄砂ということが証明されるのではないかと期待している。

黄砂飛来、空気中のカビや細菌5倍に 金沢大調査
2010年12月2日14時0分

 黄砂が飛んで来ている時には、空気に含まれるカビや細菌などの微生物が、黄砂がない時の5倍多いことが、金沢大グループの調査でわかった。種類も通常時とは異なっていて、黄砂とともに中国大陸から渡ってくるとみられている。黄砂は肺の病気やアレルギー発作などに影響する可能性が指摘されており、グループは採集条件を変えて詳しく調べる。
 グループは黄砂が来た2008年5月と、来ていなかった09年4月に、石川県珠洲市の上空約800メートルの空気中から微生物の破片を採集。遺伝子を手がかりに比べたら、黄砂時には約5倍の濃度で微生物がいた。確認できた種類は、黄砂時に20種余り。来ていない時に見つかった9種とはすべて別のものだった。
 黄砂の影響を巡っては、京都大などのグループが小児ぜんそくの発作の危険性が高くなると報告。筑波大などのグループは、黄砂に口蹄疫(こうていえき)ウイルスの遺伝子が含まれる可能性があると警告している。
 グループの岩坂泰信・金沢大特任教授(大気物理学)は「空気中の微生物の濃度が、生態系や健康への影響と関連しているか調べたい」と話している。
 気象庁によると、黄砂は東アジア内陸部の砂漠から飛来し、00~09年度の10年間の黄砂の観測日は平均31.7日。4月を中心に3~5月が多いが、今年は珍しく11月にも飛来している。

« 電気かみそりを分解 | トップページ | Linux@自作PC:本物のRARをインストール »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/22325/50201826

この記事へのトラックバック一覧です: 黄砂にカビや細菌 :

« 電気かみそりを分解 | トップページ | Linux@自作PC:本物のRARをインストール »