« Linux@自作PC:環境整備1 | トップページ | Linux@自作PC:メールIMAP4化環境整備とSylpheedインストール »

2011.05.23

@nifty mailがIMAP4対応

いつの間にか@niftyメールがIMAP対応になっている。容量も5GBに増えて、保管期限も永久保存に変わっている。去年の秋にGmailへの転送設定を試みた時にはIMAP4は未対応だったはず、iPhoneの普及がIMAP4開始への原動力なのだろう。容量拡大の一方で、フリーメールのサービスは止めたようで、毎月お金を払うユーザへのサービスを優先する方針は好ましい。ただ、IMAP4は月額105円の有料サービス、普通の人が使わないものは受益者負担ということなのだろう。早速、IMAP4を起動してMacbookのMail.appから使ってみる。同期自体はうまくいったが、保存フォルダの階層が1層しか作れない模様。@niftyのWeb mailでは擬似的にフォルダをグループ化して階層を作れるのだが、OSXのMail.appではこの擬似階層には対応していないようで、階層を作ることができなかった。Gmailの時がどうだったのかの記憶があまりないが、階層は作れたような気もするし、階層を作れないことがGmailを止めた理由のような気もする。今日は時間切れなので、明日、Linux上のMailerでniftyとGmailの両方から取り込んでみようと思う。

« Linux@自作PC:環境整備1 | トップページ | Linux@自作PC:メールIMAP4化環境整備とSylpheedインストール »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/22325/52316032

この記事へのトラックバック一覧です: @nifty mailがIMAP4対応:

« Linux@自作PC:環境整備1 | トップページ | Linux@自作PC:メールIMAP4化環境整備とSylpheedインストール »