« 家のあるじとして気になること フランツ・カフカ(青空文庫+705NK) | トップページ | Macbook ことえりをMS-IME風キーバインドに »

2011.07.06

わたしを離さないで カズオ・イシグロ(早川書房epi文庫)

巻末の解説にもあるとおり、"抑制"の効いた淡々とした文章は、翻訳の滑らかさもあって静かに訴えかけるものがある。しかし、少し静か過ぎて伝えたいメッセージがぼやけた感じになってしまっているように感じた。読者層の想定レベルがかなり高いためなのかもしれない。あるいは、神の手を離れた生命というテーマだけで英国の読者には十分、衝撃的ということなのだろうか?

余談だが、先日辞任した松本復興担当大臣の退任記者会見で前後の脈絡なくこの本に触れた部分があった。被災者を忘れないでというつもりだと思うが、被災者とクローン人間を一緒に扱うのは問題だと感じる。

« 家のあるじとして気になること フランツ・カフカ(青空文庫+705NK) | トップページ | Macbook ことえりをMS-IME風キーバインドに »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/22325/52189596

この記事へのトラックバック一覧です: わたしを離さないで カズオ・イシグロ(早川書房epi文庫) :

« 家のあるじとして気になること フランツ・カフカ(青空文庫+705NK) | トップページ | Macbook ことえりをMS-IME風キーバインドに »