« CalibreでApple文書をEPUB変換してReaderで読む | トップページ | Appleのこれから(Steve Jobsを読み終えて) »

2012.05.29

Sony Readr 3G Webアクセスプラン契約、有効化

Sony Readerの購入を決めた大きな要因だった、低価格で繋がる3Gを試すべく3G回線を有効化した。

eBook Transferのアイコンから3G手続きを開始。Sonyのサイトで月額580円の"Webアクセスプラン"を選択。手順通りに進めるが、途中で転送されるAUサイトで月額630円、1680円のいずれかとか契約時手数料3,150円とかの表示が出て焦る。この金額はAUの請求額で差額はSonyが負担しているはずと推定してそのまま進める。おそらくAUは自分の請求額をユーザに提示する義務があって表示するのだろうけれど、それならばAUのサイトに移る前にSonyのサイトで何らかの説明をすべきだと思う。

手続きの最後に、Sonyからメールで送られてくるリンクを開く手順があるのだが、"午後8時以降の受付分は翌日午前10時以後になる"とのことで、翌朝まで待つことになった。今回、Sony StoreやReaders StoreなどSonyのサイトに頻繁に出入りしいるが、こういう"あくまでメーカー"のつもりの対応が多くておもしろくない。Amazonならすぐに上がってくるようなSony Readerの購入代金の請求もまだクレジットカードには上がってきていないし、詰めの甘い経営が垣間みられるように感じる。家電販売店に売る場合と同じような感覚なのだろう。

結局、翌朝11時に確認してみると処理が終わっていた。Readerの設定画面で3Gを有効化してアクセスしてみようとしたが、Wifiが優先してしまって接続できない。通勤電車でやっと試すことができたが、3Gが繋がるまでに10数秒かかるようで、本を読みながらちょっと調べるという使い方では、この10数秒が待てないかなと思う。繋がってしまえば、画像なしの設定にしていることもあり、必要十分な表示速度になっている。

ただし、Webサイトによってはホームページの段階で画像の存在を前提にしているものがあり、内容へのリンクが全くたどれない場合があるのは困る。今やテキストブラウザは想定外の時代になっていたようだ。

« CalibreでApple文書をEPUB変換してReaderで読む | トップページ | Appleのこれから(Steve Jobsを読み終えて) »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/22325/54829335

この記事へのトラックバック一覧です: Sony Readr 3G Webアクセスプラン契約、有効化 :

« CalibreでApple文書をEPUB変換してReaderで読む | トップページ | Appleのこれから(Steve Jobsを読み終えて) »