« Windows8 第一印象は良かった、売れそうな予感 | トップページ | ココログでSyntaxHighlighter 3.0 を使ってみる »

2012.10.31

Windows8 何に惹かれるのか?

Windows8の何に惹かれるのかを考えてみた。

UIの変化としてはスタートメニュー+タスクバーがなくなったことも大きいが、タイルUIの採用でデスクトップにアイコンが並ぶというメタファーからの脱出が一番大きいように感じる。僕自身はアイコンがあまり好きではなくてデスクトップには何も置かない主義。ファイルはファイル名やサイズなどの詳細がわかるエクスプローラの"詳細"モードが一番使いやすいと思っている。だから、アイコンをやめて文字ベースのタイルを並べるというやり方に魅力を感じているのかなと思う。

そういえば、Windows Phoneの国内最初のモデルを見て、メディアからはほぼ黙殺されたにもかかわらず、僕は"これは欲しいかも"と思ったことを思い出した。そのぐらいの新しさを感じさせてくれたと思うが、メディアは勝ち馬に乗るものだから、正当な評価ができなかったのかもしれない。Windows8で、やっとマイクロソフトはアップルからUIを盗んだという汚点をぬぐうことができるのではないだろうか?同じことはApple対Samsungの特許訴訟の議論にも言えて、Andoroidは物真似だが、Windows8ははっきりとオリジナルだ。この議論がマイクロソフトのUI更新の原動力だったのかもしれない。

ここまで理解して、僕がiOSデバイスに魅力を感じない理由をやっと見つけることができたと思う。一方、OSSの世界でもUIの更新が進んでいる。UbuntuのUnity、GNOME3ともまだアイコンが並ぶデザインだが、もしかするとWindows8のような発見があるかもしれない。先送りしていたGentoo環境のGNOME3への更新も試してみようかと考えている。

« Windows8 第一印象は良かった、売れそうな予感 | トップページ | ココログでSyntaxHighlighter 3.0 を使ってみる »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/22325/56014182

この記事へのトラックバック一覧です: Windows8 何に惹かれるのか? :

« Windows8 第一印象は良かった、売れそうな予感 | トップページ | ココログでSyntaxHighlighter 3.0 を使ってみる »