« いわゆる手頃な価格のiPhoneはHTML5アプリ化? | トップページ | GNOME3.6へ更新 (Gentoo Linux) »

2013.05.09

マレット指その後、3年後

右手中指の腱が切れてマレット指になって3年が経過した。相変わらず、このブログではマレット指の記事が一番人気なのでその後の状況を書く。

最初の記事
1年後の記事

前回の記事の1年目の頃と比べると、中指のしっかり感はより強くなり、少々力仕事をしても症状が悪化するようなこともなくなった。ほぼ、完治したと言っても良いと思う。でも"ほぼ"を付ける理由がいくつかある。

1つ目は左手と比べて曲げられる角度が浅いこと。下の写真のように、指の腹どおしがくっ付くまでは曲げられない。とはいえ日常生活では全く使わない領域なので実害はない。
Dscn0582

2つ目は伸ばした時にやや反り気味になったこと。これも自分の指なので分かる程度で第3者には見分けられない程度。おそらくは切れた腱が修復した時に腱の全長がわずかに短くなり、その分伸ばした時の反りが強くなったのだと思う。
Dscn0584

3つ目はキーボードを打っている時にかすかな衝撃感を感じること。自分でもどういう状態なのかは理解できていないが、"指の慣性力を止める衝撃"のようなもの、あるいは腱自身の緩みのようなものなのかもしれない。修復した2本の腱の長さが若干違っていて片方にだけ緩みや揺れが起きるという状態ではないかと考えている。

いずれにしても、実害はない。1年目にあきらめていたギターも素人が自分の鼻歌の伴奏として弾く程度ならば指への負担はほとんどなく問題なく楽しめている。腱が切れた時点で47才、もうダメかとあきらめかけたが、手術なしでもここまで回復できたのは本当にありがたい。高いなと思った装具に改めて感謝。 1

« いわゆる手頃な価格のiPhoneはHTML5アプリ化? | トップページ | GNOME3.6へ更新 (Gentoo Linux) »

コメント

私も、先週末マレット指になりました。

昨日お医者さんに行って来まして、
私はスプリング式ではないのですが、
3000円ぐらいの小さいギプスのようなものを
はめてもらってます。

私は、デザインを業務にしていまして、
指が使えないのは、何かと不便です。

昨日「最悪手術をしてもまっすぐには伸びません。」と、
お医者さんに言われたのですが、
このブログを見て勇気が出ました!!!

有難うございました!!!!!

大変ですね。
でも、希望を持って治療してください。
指が使えない経験も、デザイナーとしての貴重な経験として、
人生にプラスになれば良いですね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/22325/57347281

この記事へのトラックバック一覧です: マレット指その後、3年後:

« いわゆる手頃な価格のiPhoneはHTML5アプリ化? | トップページ | GNOME3.6へ更新 (Gentoo Linux) »