« マレット指その後、3年後 | トップページ | GNOME3.6のユーザ設定は~/.config/dconf/userに保存される »

2013.05.23

GNOME3.6へ更新 (Gentoo Linux)

先日リリースされたDebian7.0のGNOMEはver.3.4ということで、いよいよ3系列が主流になったと判断してGentooをGNOME2.32から3.6に更新した。

作業自体は、GentooのUpgrade guideとGentoo wiki(トラブルがあって修復中の模様)の情報により実施。途中、conflict地獄に落ちかけたが、GNOME単独の更新をあきらめてemerge -uNDv @worldに切替え、どうしても引っ掛かるパッケージをアンインストールすることで完了できた(その過程を記事にまとめても他の環境で活きるとも思えないので詳細は書かない)。

GNOME3のUIの不評情報はいろいろ読んできたが、なかなか受け入れにくいかなと言う点には同意。特にアクティブになっているウインドウ以外にどんなウインドウを開いているかを知るためにはアクティビティ画面に切替える必要があるという点が一番の問題点。要するに自分のデスクトップが"見通せない"感じが不評の原因だなと感じた。

Mac OSXもMissionControlという似たようなUIなのだが、OSXは"手探り操作+決め打ちハードウェアへの最適化"である快適なスワイプ操作なのに対して、GNOME3のActivity画面は、押しにくい位置にあるWindowsキーまたはAlt+F1という複数キーの操作か、左上のホットコーナーへのカーソル移動という気軽とは言えない操作になっていることと、汎用ハードウェアによる動作のもっさり感が"いまいち"感を強くしていると思う。ということはこの先、タッチUIなどのハードウェアの改善が進めば、このUIも受け入れられるようになるのかなと感じる。

1週間ほど使った後にGNOME2.32に戻すか、Xfceに乗り換えるかと少し悩んだが、"タスクバー"に戻るのも退化かな、と思い直して、「サブ環境ゆえに"GNOME3系の成長を待つ"ことができる」との方針に頭を切り替えて、このまま使ってみることに決めた。

« マレット指その後、3年後 | トップページ | GNOME3.6のユーザ設定は~/.config/dconf/userに保存される »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/22325/57444467

この記事へのトラックバック一覧です: GNOME3.6へ更新 (Gentoo Linux):

« マレット指その後、3年後 | トップページ | GNOME3.6のユーザ設定は~/.config/dconf/userに保存される »