« 「昔はよかった」と言うけれど(大倉幸宏、新評論) | トップページ | 先生、シマリスがヘビの頭をかじっています!(小林朋道、築地書館) »

2014.01.23

学問のすすめ(福澤諭吉、青空文庫)

・学問のすすめ(福澤諭吉、青空文庫@SONY_Reader、達人出版会PDF)
・2014.01.20 読了

達人出版会の青空文庫PDFを眺めていて偶然見つけたので改めて読んでみた。

実学の大切さ、国民と政府および政府の事業と私企業とのあるべき姿、女性の権利、演説論など多岐に渡る論点について、身近な例を示して述べた本。文語表現で現在は読みにくいが、内容は平易でおそらく当時の人達には読み易い文章だったのでベストセラーになったと思われる。

内容は自身が経験した渡米渡欧で見聞きした西洋の常識を解説したものだが、今の目で見ると西洋礼賛が過ぎて、"受け売り"が過ぎるようにも感じる。最も有名な「人の上に人をつくらず・・・」のくだりも「といわれている」との紹介であってそれが西洋の常識だということを紹介している訳で、「こうあるべき」との呼掛けに近い。

とは言え述べられている内容は現在でも十分通用する民主主義社会のコンセンサスであり、それを明治時代初期に平易な文章で提示したことが評価された理由なのだろう。

しかし、書中で何度か述べられている「人は本質的に平等だが能力の差に起因する貧富の差は別に存在する」という欧米流の平等の定義は百数十年を過ぎても日本には完全には定着せず、絶対平等指向が続いている。この文化史的な理由を調べることは自分にとって面白い読書テーマかもしれないと感じた。

« 「昔はよかった」と言うけれど(大倉幸宏、新評論) | トップページ | 先生、シマリスがヘビの頭をかじっています!(小林朋道、築地書館) »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/22325/58997276

この記事へのトラックバック一覧です: 学問のすすめ(福澤諭吉、青空文庫):

« 「昔はよかった」と言うけれど(大倉幸宏、新評論) | トップページ | 先生、シマリスがヘビの頭をかじっています!(小林朋道、築地書館) »