« 手仕事の日本(柳宗悦、青空文庫) | トップページ | ねじ式(つげ義春、小学館) »

2014.02.23

濹東綺譚(永井荷風、青空文庫+達人出版会PDF)

私娼窟での出会いと別れというとあっけないが、本物の恋愛のような疑似恋愛が尊ばれる風俗の世界を、名文を連ねかつそれがエロ抜きで表現されているところがすごいなと思う。その世界を極めた作家ならではの作品なのだろう。ただ、現在の理解力では服装や髪形が意味する微妙なニュアンスは理解できなくてエロを感じることができないだけかもとも感じる。

風俗業界の宣伝とも言えそうな内容のこの作品が、朝日新聞に連載されたというのにも驚かされる。まだ若いメディアだった新聞の許容幅が広かったということか、新聞自体が男性読者しか想定していなかったためなのかなどと推定はしてみるが、当時の事情はわからない。

« 手仕事の日本(柳宗悦、青空文庫) | トップページ | ねじ式(つげ義春、小学館) »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/22325/59187056

この記事へのトラックバック一覧です: 濹東綺譚(永井荷風、青空文庫+達人出版会PDF):

« 手仕事の日本(柳宗悦、青空文庫) | トップページ | ねじ式(つげ義春、小学館) »