« ねじ式(つげ義春、小学館) | トップページ | OneNote Mac版リリースとWindows版を含めた無料化 »

2014.03.13

なぎさ(山本文緒、角川e文庫、Readerストア)

Photo

今を書いた小説を久しぶりに読んだ。

ややこしい親子関係から逃れて暮らしている姿とか、ブラック企業につぶされそうになって何とか立ち直る姿とか、他人事とは思えないストーリー展開に惹かれてグイグイと読み切ってしまった。

終わってみると誰が主人公だったのかがわからなくなる不思議な小説で、テレビドラマを見ているような感覚もある。普通の人はこういう小説やドラマを見て、自分の今の立ち位置を再確認しているのかもと気付いたことがこの本を読んだ収穫だったように思う。

古典、名作もいいけれど、半年に1冊ぐらいはこういう本を読みたいと思う。

« ねじ式(つげ義春、小学館) | トップページ | OneNote Mac版リリースとWindows版を含めた無料化 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/22325/59286965

この記事へのトラックバック一覧です: なぎさ(山本文緒、角川e文庫、Readerストア):

« ねじ式(つげ義春、小学館) | トップページ | OneNote Mac版リリースとWindows版を含めた無料化 »