« 気合の入ったキリスト教入門 I II III (来住英俊、ドン・ボスコ新書) | トップページ | アンドロイドは電気羊の夢を見るか(フレデリック・K・ディック、ハヤカワ文庫) »

2014.04.10

Microsoftはどこへ向かっているのか?(Build2014)

Buildが終わって情報が出揃った。

Build直前にiOS版Officeが発表されてあらゆる環境にOfficeを提供してOffice365のサブスクリプションで稼ぐ方針が明確になった。Windows8.1Updateでは、今は需要が減っているもののビジネス市場では今後とも必須のツールである従来型PCへのOS供給も重視していることがわかる。またWindowsPhone8.1への更新でiPhone、Androidとほぼ同等の機能を提供できるようになり、小型デバイスへのWindows無償提供とハードウェア要件の緩和でコスト面でも同等の戦力をつけて、後は新興国を中心に売りまくるだけという体勢を整えた。ここまでは従来路線の推進であり、分かりやすい話ばかりだと思う。

一方で、.NETのためのオープンソーステクノロジーの開発,共同作業などを支援するための組織である.NET Foundationの設立がアナウンスされ、手始めとして".NET Compiler Platform"がオープンソース化されることも発表された。Microsoftと言えばプロプラエタリソフトウェアの牙城であり、ハロウィン文書などでオープンソースを批判してきた立場だった。今回のオープンソース化の実態が形ばかりの制限されたものという可能性はあるものの、公開するという姿勢への180度転向が何を目指すものなのかがわからない。

Windows関連のソースが公開されたとしても結局はWindowsの開発環境で開発するので、Linux系の開発企業をすぐに呼び込めるわけではない。また、開発リソースとしてオープンソース開発者を呼び込まねばならないほどMicrosoftは追い込まれていないはずで、逆にオープンソースに不慣れなMicrosoft社内技術者が、無駄な軋轢を生む可能性もある。そういったリスクを推してでもオープンソース化を決断した理由は何なのか?もしかすると将来のWindows自体のオープンソース化への一里塚なのかとも想像したくなる。OSは無料、サポートが有料というLinuxとIBMのような関係で、ハードウェアから卒業したIBMのようにMicrosoftもOSから卒業するのかもしれない。

バルマー前CEOの"Device & Service Company"からナデラ新CEOの"Mobile First, Cloud First"とスローガンも変化しつつある。素人受けしないがために情報の少ないクラウド分野では、もっと重要な動きが起きているのかもしれない。

« 気合の入ったキリスト教入門 I II III (来住英俊、ドン・ボスコ新書) | トップページ | アンドロイドは電気羊の夢を見るか(フレデリック・K・ディック、ハヤカワ文庫) »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/22325/59447162

この記事へのトラックバック一覧です: Microsoftはどこへ向かっているのか?(Build2014):

« 気合の入ったキリスト教入門 I II III (来住英俊、ドン・ボスコ新書) | トップページ | アンドロイドは電気羊の夢を見るか(フレデリック・K・ディック、ハヤカワ文庫) »