« 資本主義の終焉と歴史の危機(水野和夫、集英社新書、740円税別) | トップページ | 野分(夏目漱石、青空文庫) »

2014.10.06

国家(プラトン、岩波文庫、上巻1,100+下巻1,100税別)

51z1jcez9dl

2014.09.24 読了

理想の統治形態は"哲人政治"であるという哲学的な議論が主題とされているが、それよりも、議論での国家のあるべき姿が保守系政治家の主張と合致していることが興味深かった。具体的には、死を怖がらずに戦う戦士を養成するためには、戦争への否定的な表現(恐怖や悲しみ)についての詩作や演劇表現は制限し、若き戦士たちがそれらの影響を受けないようにしなければならないという主張など。

一方、すぐれた人が自分から指導者になることはなく、自分より劣ったものの支配を受けることに耐えられない状況になって仕方なく指導者になるという指摘は、2000年以上の時を超えて現在にも通用している。

« 資本主義の終焉と歴史の危機(水野和夫、集英社新書、740円税別) | トップページ | 野分(夏目漱石、青空文庫) »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/22325/60434611

この記事へのトラックバック一覧です: 国家(プラトン、岩波文庫、上巻1,100+下巻1,100税別):

« 資本主義の終焉と歴史の危機(水野和夫、集英社新書、740円税別) | トップページ | 野分(夏目漱石、青空文庫) »