« ウォシュレットの水漏れ修理 | トップページ | 深夜特急1--香港・マカオ (沢木耕太郎、ReaderStore) »

2014.10.28

Surface2 TypeCover2が壊れた

Surface2でメールを書いていたら、なぜか"ん"が欠落する。おかしいなと思って調べてみると、"N"キーがぐらついている。キーの右端をたたくとそちらが沈み込む。正面から見るとわずかに右下がりにもなっている。"N"キーの裏側を覗き込むと、キーの裏面にあるパンタグラフとのリンクをつなぐ部分が折れているのが見えた。折れた部分は太さ1mm以下の華奢な構造で、軽いキーボードへの不安感が現実になった。
Dscn2464small
Dscn2466small
うまく写真が撮れないが、フック部分が折れている。

購入したのは昨年の12月なので、まだ1年以内の保証期間。TypeCover2のパッケージに入ってた小さな冊子を読むと"www.surface.com/warranty"の指示に従えとあるので開いてみる。明らかな機械翻訳の変な日本語のサイトにとまどうが、未登録になっていたTypeCover2のシリアル番号を登録し、それらしいアイコンをクリックするうちに、「交換するので住所などの情報を登録して、メールで指示する住所へTypeCover2を送れ」との指示が出た。近所のサークルKから着払いで送付。

翌日の夕方、発送したとのメールが届く。予想外に早い対応。

さらに翌日、代品到着。大きな箱で届いた。中には壊れたTypeCover2を送った時の化粧箱と、カバー単品をエアクッション式の封筒+サイズに見合った段ボール箱に入ったTypeCover2が入っていた。色も紫で同じもの。

早速、装着してみたが、やはりキーボードは便利。また重さを測ってみたが本体と合わせて900gで変化なし、全く同じ仕様みたいだ。

原因を考えてみると、(1)と(3)(4)の合わせ技かなといったところ。
(1)ほとんどすべての時間をひざ上で使ってたため、キーボードのたわみによりパンタグラフ部に無理な力が加わった。
(2)知らないうちに落下などの衝撃が加わった(まったく記憶なし)。
(3)設計上の強度不足。
(4)モノのばらつきによる強度不足


« ウォシュレットの水漏れ修理 | トップページ | 深夜特急1--香港・マカオ (沢木耕太郎、ReaderStore) »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/22325/60558953

この記事へのトラックバック一覧です: Surface2 TypeCover2が壊れた:

« ウォシュレットの水漏れ修理 | トップページ | 深夜特急1--香港・マカオ (沢木耕太郎、ReaderStore) »