« 2015年4月 | トップページ | 2015年8月 »

2015年5月

2015.05.11

おいしいコーヒーを求めているわけではないのかも?

コーヒーメーカーで淹れたコーヒーを一人で飲みながらふと思った。もしかすると、おいしいコーヒーを飲みたいわけではないのかもしれない。コーヒーを飲みながらちょっとしたおやつをつまんで家族と話をする、その時間が好きなだけ。人と飲んでいるコーヒーは集中していないから、おいしいかどうかさえ記憶が怪しいが、それでもゆったりと過ごした時間は豊かに感じる。

一人で飲むコーヒーはハンドドリップで自己最高記録級にうまく入れることができた時であっても、おいしいと感じるのは最初の一口二口だけで、いつの間にかコーヒーから意識が離れてWebサイトを読み込んでいたり、机の周りの探し物を始めてしまったり、集中して飲むのはなかなか難しい。また、外で飲んだコーヒーでも、これは最高にうまいと最後に感じたのはいつだったか全く思い出せない。特別なマニアではないものの、やっぱりより良い豆でなきゃ、挽きたてでなくちゃ、ハンドドリップで頑張るぞと思っていた感覚は、自分の外側から頭の中にだけ入り込んだ情報だけで、今、落ち着いて考えてみると本当はコーヒーはそれほど好きでもないのかなとさえ感じ始めている。

一方、日本茶については、高級ではないもののそれなりの茶葉を使って自分で失敗せずに淹れたものがおいしいことがちゃんとわかるし、銘柄の味の違いにもそれなりに自信が持てる。結局のところ、日本の、それも田舎暮らしでは本当においしいコーヒーを経験できないままに40年近く過ごしてしまったというだけのことかもしれない。

という結論に至った途端に、"加齢により普段使わない味覚や臭覚が鈍感になってきたのではと?”いう疑問が浮かんでドキリ。でもそれならそれで、余計なこだわりがなくなって楽になるなということにして、深追いはしないことにした。

2015.05.04

五重塔(幸田露伴、青空文庫、Reader+達人出版会)

2015.05.02読了。

江戸谷中の寺に建設することになった五重塔を巡って、実績ある棟梁と地道に仕事をしてきたが大きな仕事は成しえていない棟梁との気持ちのぶつかり合いとその間で手際よくいなす住職との三者の人間模様を描いた作品。

小説というよりは講談のネタ本という感じで、読み始めは読みにくかったが、リズムをつかむとどんどん引き込まれて読み進んでいく。物語の最後に若干の謎が残ったのは、読者間の議論を残す余韻なのかなと思う。

こういう文体の小説は生き残らず、本当の講談の世界に残るだけだが、今の時代であっても、こういうリズム感のある小説があっても良いかなと感じた。あるいは演劇の世界に移行したのかもしれないが、その方面の知識はないのでわからない。戯曲を読んでみるのも面白いかなと思う。

« 2015年4月 | トップページ | 2015年8月 »