« 2015年5月 | トップページ | 2015年9月 »

2015年8月

2015.08.16

映画:風立ちぬ(スタジオジブリ 宮崎駿監督長編引退作品)

家内がずいぶん前に録画していた、ジブリの風立ちぬを観た。

マニアックな飛行機ネタ満載の映画だが、普通の人にはわからない。ただの恋愛ものとして観たら、ひどい男という評価も当然かもしれない。
Wikipediaを見ると、原作があってモデルグラフィックスというプラモデル雑誌に連載されていたもので、映画にすることに無理があるなあと思う。

引退作品として、作りたいものをそのままに作ったので、「わからない人にはわからないよ」と、主題歌の「ひこうき雲」の以下のフレーズで説明されているような気がした。
 高いあの窓で あの子は死ぬ前も
 空をみていたの
 今はわからない
 ほかの人にはわからない

2015.08.13

映画:インサイドヘッド(ピクサー20周年記念作品)

Photo

久しぶりに映画を見に行った。

前日まで題名さえ知らなかった作品なのだが、いつも読んでいるIT Media系の「海外速報部ログ」で紹介されていたのを読んで、作品サイトを開き、そこにあった予告編の方言バージョン動画のうち、昔、住んでいた石川県(金沢弁)を見て、家内と大笑いし、映画を見てみたくなった。

映画自体は、金沢弁バージョンほどの笑いはなかったが、11歳の少女が、親の仕事の都合で雪国かつ田舎のミネソタからロサンゼルスに引っ越したが、なじめずに落ち込んでミネソタへ帰ろうと家出をするまでに至る心の動きを、ヨロコビ、カナシミ、イカリ、ムカムカ、ビビリという5種類の感情を示すキャラクタの活躍で何とか感情の崩壊を起こさずに乗り切るというアメリカ映画らしいお話。

自分も11歳の時に親の仕事の都合で雪国から暖かい地方へ引っ越した経験がある。その時は、引っ越し前の周囲の子供たちの意識レベルと自分のレベルが合わずにずっと疎外感を感じていたが、引っ越し先の子供たちの社会性がとても高く、居場所を見つけることができてその地方での生活はとてもたのしいものになった。この映画とは逆のパターンなのだが、この映画のようになっていたら、さらに落ち込んで自分がどうなっていたかは分からなかったなと思う。

さらに自分も、上の子が11歳の時に引っ越ししたが、自分がいっぱいいっぱいで、特別な配慮はできなかったなと今になって反省させられる。それでも、もう22歳になって、自分の進みたい道を見つけてゆっくりながら成長してくれているのをみて、何とか乗り切ってくれてありがたいなと思う。

21世紀の自由論(佐々木俊尚、NHK出版新書)

21

2015.08.13読了

リベラルでも保守でもない人の本として読んでみたが、前半部分の日本のリベラル勢力、保守勢力の両方への批判と後半のSNSの存在を前提とした新しい世界の在り方とのギャップが大きくて混乱。前半は全否定的な書き方なのに、後半部分は思いっきり性善説での展開で、ゆっくり考えずに書いているんじゃないかと思えてくる。

編集者が読んで批評をしているならば、もう少しましな内容になったはずだが、時間切れとなったのか?それともNHK出版の実力か?

2015.08.02

反知性主義(森本あんり、新潮選書)

Photo

2015.07.31読了

アメリカで大きな力を持つ、反知性主義がどのように形成されたかを、時代ごとの中心人物を紹介しながら紹介した本。

ヨーロッパはキリスト教という権威への対抗軸として知識人が存在するが、アメリカはキリスト教が権威として形成されることなく社会が出来上がってしまい、知識人が権威の一角を占めることになった。それへの対抗軸として生まれたのが反知性主義という流れ。

アメリカのキリスト教が、努力して祈れば報われるという現世利益中心であることは薄々感じていたが、それがどのように定着したのかという過程が歴史とともに語られている。

この先も大統領選挙などのイベントがあるたびに読み返すことになりそうな気がする。

« 2015年5月 | トップページ | 2015年9月 »