« 信長の棺 上・下(加藤廣、文芸春秋、ReaderStore) | トップページ | 人間の土地(サン・テグジュペリ、堀口大学訳、新潮文庫) »

2015.10.05

京都(黒川創、新潮社)

Photo

2015.10.04読了。

在日、非差別地区そしてヤクザという、関西での生活では無意識レベルに意識しているが話題にすることが避けられるテーマを、ストレートに扱った小説。発売直後は物議をかもしたためか、しばらく紀伊國屋Webストアでは在庫切れになっていた。

おそらくは著者の自伝的な内容で、当事者ではないが、そういう人たちとのかかわりの中で生きてきた人生をつづっているのだと思う。

4つの短編からなっているのだけれど、どの話も自分にもこういう体験があったような気がする。でも細かい昭和の描写に関するものを除けば、ドロドロした人間関係など、そんな経験はしているはずがないのだが、そういう既視感から、身近な出来事だったと感じさせられる不思議な小説だった。それは思春期から青年に至るザワついた時期を関西で過ごした人たちに共通する"友達の友達"的な体験なのかもしれない。

« 信長の棺 上・下(加藤廣、文芸春秋、ReaderStore) | トップページ | 人間の土地(サン・テグジュペリ、堀口大学訳、新潮文庫) »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/22325/62417841

この記事へのトラックバック一覧です: 京都(黒川創、新潮社):

« 信長の棺 上・下(加藤廣、文芸春秋、ReaderStore) | トップページ | 人間の土地(サン・テグジュペリ、堀口大学訳、新潮文庫) »