« 2015年12月 | トップページ | 2016年4月 »

2016年2月

2016.02.09

読書 ティファニーで朝食を(トルーマン・カポーティ、村上春樹訳)

Photo

2016.02.08読了。

映画は見ていない。ラブロマンス的な印象を持っていたが、その要素もあるものの、主題はずいぶん違っている。社会に不適合な、あるいはより良く表現するなら"自由な"若い女性とひと時をすれ違った作家志望の男性の数か月の物語。一緒に収録されている短編も含めて、自由がテーマなのかなと読み進めていたが、巻末の訳者あとがきで、若さからくる"イノセンス"が年齢と共に失われていく姿がテーマとされていて納得。

1980年代の雑誌の全盛期には、自動車雑誌などでも、この作品のような短編が連載されていたのを思い出す。web上に移ったメディアでは、連載/短編小説は見当たらないのは残念。当時の紙の雑誌も現在のwebも広告ベースである点は変わらないとは思うが、集まる原資の額が違うということか?こういうものが、どこかで提供されているなら読んでみたい気がする。

« 2015年12月 | トップページ | 2016年4月 »