« 2016年2月 | トップページ | 2016年8月 »

2016年4月

2016.04.15

僕が伝えたかったこと(古川享、インプレスR&D、Kinoppy@iPad)

Photo

2016.04.13 読了。

アスキーからマイクロソフト株式会社社長、会長、米Microsoft副社長を経験した著者の自伝。発作で倒れたことをきっかけに、言い訳したかったことを書き残したいというのが出版の動機なのかなと思う。内容はアスキーの内幕部分の比重が高くて、資料性にはやや欠ける感じ。

同時代に大阪の片隅でコンピュータ系サークルに参加していたが、この本にあるような大きな動きには関われなかった点はさみしく感じる。でも、その後の各メーカーの状況を考えると、この業界に進まなかったことは幸せだったのかなと思う。

2016.04.04

いつか歳をとる日まで

中島みゆきの「ひとり」に

いつか 遠い国から
長い手紙書いたら
封は切らず 隠しておいて
いつか 歳をとる日まで

という一節がある。

つい最近になって、自分が「いつか歳をとった人」に
なってしまっていることに気づいた。

1984年の曲なので大学4年。「50歳を過ぎた自分」は全くの他人だった。

余談だが、「ひとり」の歌詞を確認しようとして
歌詞サイトをいくつか見てみたが、どれも正確でない。
(個人サイトは正確だが、Lyrics Masterでは取り込めない)
歌詞を眺めながら、やっつけ仕事で適当に打ち込んだように見える。
おそらくは、曲を聞いたこともない打った人の言葉遣いで
書き換えられている。

2016.04.01

読書 太陽の季節(石原慎太郎、幻冬舎、ReaderStore、iPad)

Photo

2016.03.26 読了。

デビュー作らしい粗削りさと、本人に由来すると思われる暴力性に辟易して、読み続けるのがきつかったが、短編集の最後の「乾いた花」だけは秀逸の出来で、一気に読み終えた。ただし、あとがきによれば、この作品だけは幻冬舎版を出す際に手直しをしたとのことなので、その推敲が効いている可能性はある。

表題作はわかりやすいが、内容が浅く、芥川賞に値するようには感じられない。本当の受賞作は「乾いた花」だったが、賭博に殺人という内容では具合が悪くて、無難な表題作が選ばれたのかもなと想像。手を入れる前の乾いた花がどんな作品だったかを、図書館の古い本で確認したくなった。

« 2016年2月 | トップページ | 2016年8月 »