« 読書 太陽の季節(石原慎太郎、幻冬舎、ReaderStore、iPad) | トップページ | 僕が伝えたかったこと(古川享、インプレスR&D、Kinoppy@iPad) »

2016.04.04

いつか歳をとる日まで

中島みゆきの「ひとり」に

いつか 遠い国から
長い手紙書いたら
封は切らず 隠しておいて
いつか 歳をとる日まで

という一節がある。

つい最近になって、自分が「いつか歳をとった人」に
なってしまっていることに気づいた。

1984年の曲なので大学4年。「50歳を過ぎた自分」は全くの他人だった。

余談だが、「ひとり」の歌詞を確認しようとして
歌詞サイトをいくつか見てみたが、どれも正確でない。
(個人サイトは正確だが、Lyrics Masterでは取り込めない)
歌詞を眺めながら、やっつけ仕事で適当に打ち込んだように見える。
おそらくは、曲を聞いたこともない打った人の言葉遣いで
書き換えられている。

« 読書 太陽の季節(石原慎太郎、幻冬舎、ReaderStore、iPad) | トップページ | 僕が伝えたかったこと(古川享、インプレスR&D、Kinoppy@iPad) »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/22325/63440761

この記事へのトラックバック一覧です: いつか歳をとる日まで:

« 読書 太陽の季節(石原慎太郎、幻冬舎、ReaderStore、iPad) | トップページ | 僕が伝えたかったこと(古川享、インプレスR&D、Kinoppy@iPad) »