« 2016年4月 | トップページ

2016年8月

2016.08.24

mozc.elを変換/無変換キーでOn/Off

16.04LTSが出たので久しぶりにXubuntuに戻ってみている。

でも、困ったことに、uimが削除されてしまっている。EmacsでのIM操作用として便利に使っていたuim.elも使えない。Ubuntu Weekly Recipeには、自力でインストールしたら使えると書かれているが、そこまでする元気はない。

最小限の機能として必要なのは、変換/無変換キーでmozcをOn/OffするというMac風のキーアサインなので、これだけをinit.elに追加してmozc.elを使うことにした。

(0)mozc内で変換/無変換キーでIMをOn/Offする設定
mozcツール -- 設定
Henkan -> IMオン
Muhenkan -> IMオフ
(fcitxの設定ではなく、mozcの中の設定が必要)

(1)mozc.elと関連ライブラリのインストール


$ sudo apt-get install emacs-mozc

(2)XIM(fcitx)に入力を奪われずにmozc.elに渡すための設定


$ emacs ~/.Xresources
===
emacs24.useXIM:false
===

・設定を反映

$ xrdb -merge ~/.Xresources

(3)init.elにmozc.el(emacs-mozc)の設定を追加


$ emacs ~/.emacs.d/init.el
====
;----------------------------------
;mozc
(require 'mozc)
 
; この設定はLEIM用。
; 無変換キーのバグ動作があるため使用しない
;(setq default-input-method "japanese-mozc")
 
; 変換候補を mini buffer に表示
; (変換時は、カーソル位置しか見ていない。
; 候補が出てこない時に視線を移動する使い方)
(setq mozc-candidate-style 'echo-area)

;mozc 変換/無変換キーでOn/Off
(global-set-key (kbd "") '(lambda ()
(interactive)
(mozc-mode 1)
(setq mozc-on-off "[mozc]")
(force-mode-line-update)
))
(global-set-key (kbd "") '(lambda ()
(interactive)
(mozc-mode 0)
(setq mozc-on-off "")
(force-mode-line-update)
))
;----------------------------------
====

(4)mode lineの設定(init.el)
・Emacsのscratch bufferで、現在のmode-line-formatの内容を表示


mode-line-format (C-j)
====
("%e" mode-line-front-space mode-line-mule-info mode-line-client mode-line-modified
mode-line-remote mode-line-frame-identification mode-line-buffer-identification " "
mode-line-position (vc-mode vc-mode) ...)
====

・この内容をもとに"mozc-on-off"を表示する設定をinit.elに追加。

$ emacs ~/.emacs.d/init.el
====
; mode-line-format
; (LEIMを使わないmozc On/Off状態表示のために設定)
(setq-default mode-line-format
'("%e"
mode-line-front-space
;for mozc(2016.03.05)
mozc-on-off
mode-line-mule-info
mode-line-client
mode-line-modified
mode-line-remote
mode-line-frame-identification
mode-line-buffer-identification
" "
mode-line-position (vc-mode vc-mode)
" "
mode-line-modes
mode-line-misc-info
mode-line-end-spaces)
)
====

2016.08.23

がん--4000年の歴史(シッダールタ・ムカジー、早川書房、920+920+税)

_
__2

2016/08/18 読了。

がん治療の試行錯誤の歴史をまとめたドキュメンタリー。一気に読ませる魅力あふれる文章を楽しんだ。

現在の各種の治療法が、どのようなアイデアをもとにいつ頃に開発されて現在に至っているかを把握できて、がん治療の全体像の理解が進んだ。結局のところ、一部のがんは抗がん剤で十年単位の延命ができ始めているが、ほとんどのがんは1970年代までと同じく、切除や放射線治療と全身を痛めつける抗がん剤の併用しか手がないことを再確認。

« 2016年4月 | トップページ